【田舎×ドローン】練習に、空中散歩に、田舎は最適!?

こんにちは、延岡市北川町の地域おこし協力隊のやまだです。

個人が低予算で臨場感のある映像を撮るためには、もはや不可欠となった「ドローン」。

d1.jpg

昔はヘリコプターを飛ばさないと撮れなかったようなアングルでも、ドローンなら比較的手軽に撮影することができます。

ここで比較的手軽にとしたのは、ドローンを飛ばすためにはクリアしないと行けない、様々な条件があるからです。

その条件とは、以下のような条件です。 

(2) 無人航空機の飛行の方法

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

出展:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

中々厳しい条件ですね・・・。

特に、趣味でドローンを飛ばしたいという人は、「3」の内容がネックになる人が多いのではないでしょうか。

そもそもこの狭い日本で、人、物(物件)から30mもの距離を取って飛ばせってムチャでしょ・・・。

さらに、上記の条件がクリアできたらといって、何処でも飛ばして良いわけではありません。

ドローンなどの無人航空機を許可無く飛ばして良い空域と、許可無く飛ばしてはならない空域があります。

その空域とは、以下のような空域です。 

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

do1.png

具体的な許可が必要となる空域など詳細についてはこちら(国土交通省のHPへリンクします)

出展:国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

都市部で、ドローンを各機関に申請せずに飛行させることは、ほぼ不可能なことがわかります。

では、田舎ではどうでしょうか?

先の条件にある [2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること 、簡単にクリアできることと思います。


なにせ、高い建物がない!

そして、これは移住する場所にもよるかと思いますが、山々に囲まれた場所でなければ、開けた広大なスペースがあります。

d2.jpg

次に、 解決の難しい条件の、[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること

こちらも、田舎ならなんとかなります。
お隣さんの家が30m離れているって方も居るでしょうし、集落の外れにいけば、その先はヘタしたら、何km先まで建物が無いってこともありえます。

物件の持ち主に撮影の協力者になってもらえれば、その物件の30m以内に近寄ることもできます。
こちらは、人との距離が近い田舎なら、声を掛けやすい!?

たぶん、「記念に上空から家の写真を撮ってくれ」と言われることでしょう(笑)

そんな、ドローン操縦者にとって理想的な環境が、田舎!


都市部に比べ、だいぶドローンを飛ばすためのハードルが低いと言えます。


上の画像の場所は、私の借りている家から車で5分掛からない所にある公園?で、地区の方が、ごくたまにターゲットバードゴルフという遊びに利用されるぐらいです。

d5.jpg

奥の池の水はどこから来ているんだろう?上から見るまで気づかなかったことも見えてきます。

何もない場所で、普段、人が通行しているような場所ではありません。芝生には鹿の糞がたくさん。

奥に線路がありますが、線路は基本的に私有地なので、上空を飛ばすためには許可が必要です。
何より、飛ばしたドローンが原因で事故が起きた場合、多額の賠償金を請求される可能性があります。なるべく近寄らないようにしましょう。

d4.jpg

何の変哲もない重機も、自分でドローンを飛ばして撮影すると新鮮に見えます。

d6.jpg

高度を上げると、開放感のある景色を見ることができます。

ドローンを飛ばす際は、色々とクリアしないとならない条件が多いのですが、田舎ならそのひとつひとつも解決しやすいので、ドローンを練習したい!空中散歩したい!って思ったら、ぜひ、田舎に目を向けてみて下さい。

では。

延岡市

延岡市

宮崎県北部広域行政事務組合

延岡市は、東九州地域の中心的都市として、旭化成を中心とする工業集積をはじめ農林水産業などの多彩な産業を有するとともに、海・山・川の自然に囲まれ、歴史的には内藤家七万石の城下町として栄えてきた、産業と自然や歴史・文化が調和したまちです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ