初夏の大崩山

こんにちは、延岡市北川町の地域おこし協力隊のやまだです。

皆様、宮崎県延岡市にある"大崩山"をご存じでしょうか!?

大崩山は、宮崎県延岡市の北西にある標高1643mの山で、九州の登山者から絶大な人気のある山なんです!

それだけ人気があるって事は、大崩山は九州で一番高い山なの?

っと思われそうですが、大崩山の標高1643mは、九州では30番目の高さ。
特別、標高が高いわけではありません。

では、なんで大崩山はこんなに人気があるのか!?それは...

九州最期の秘境!?大崩山

DSCF1840.JPGば~んっ!

どうでしょう!?この景色!
大崩山を語る上で外すことができない、花崗岩(かこうがん)の大岩峰群です。

花崗岩[1](かこうがん、: granite)とは、火成岩の一種。流紋岩に対応する成分の深成岩である。石材としては御影石(みかげいし)とも呼ばれる。

引用:花崗岩 - Wikipedia

花崗岩はマグマが地下深くでゆっくりと固まってできた岩で、地下深くで生成された花崗岩が、この大崩山の様に地表高くに現れたのは、地殻変動によって地面が隆起したからです。

地下にあったはずの花崗岩がこんな形で空高く姿を現すなんて、地殻変動の力はすごい!
そんなことを考えながら山を歩くと、いっそう登山が楽しくなります!?

徒渉は必須!登山前に祝子川の水量を調べましょう

さて、今回、大崩山に登ったのは、なにも遊びではありません!

今月の半ばに九州南部で、降り始めから400mmから500mmという、5月としては記録的な雨が降ったので、この雨による影響がないか?
大崩山登山道の状況を調査するために登ってきました。

DSCF1832.JPG

延岡市北川町から大崩山へ登るためには、二枚ダキコースを除いては祝子川を徒渉(川を渡ること)しなければなりません。
※その日の祝子川の水量によっては徒渉が困難なため、大崩山登山を中止しなければならない事も登山予定に組み込みましょう。
※三里河原コースは、斜面の崩落により現在通行止めとなっています。

この日の祝子川の水量は、平常時より30cm~40cmほど多く感じました。
湧塚コースでの徒渉方法は、飛石か、靴を脱いで川に入って渡る方法かのどちらかになりますが、飛石は自信の無い人はやめておいた方が無難でしょう。

DSCF1830.JPG

ほんのちょっとした距離のジャンプでも、背中に重いザックを背負った状態ではバランスを崩しがちです。
川に入って徒渉する方法も、膝程度の水量でも、流れの速い所では転んだら立ち上がるのは困難です。

徒渉方法で少しでも迷ったら、日を改めて水量の少ないときに登山日を変える勇気も必要です。
私は 観測局情報 水位グラフ 上祝子 を参考にしました。

湧塚コースの徒渉後は、しばらく沢沿いの歩きとなります。

涼しげな沢と新緑と苔を楽しみましょう。
小さな淵をそっと覗くと、ヤマメが泳ぐ姿を観察できます。

DSCF1834.JPG

沢沿いの道からは、急登になります。
場所によっては、木の幹や木の根などを掴み、両手を使って登る場面もあります。

木を掴んで登るときは、枯れ木ではないこと、強度は十分にあるかを注意して、体重を預けすぎないように登りましょう。

ロープ、ハシゴなどの人工物も、過信は禁物!

DSCF1839.JPG

大崩山登山では、ロープ、ハシゴなどの人工物が設置されている場面に遭遇します。

難所を抜ける際の助け船のような存在ですが、過信は禁物です。
町中の建築物のように安全基準があるわけでも、強度テストが成されているわけでもありません。

利用する登山者みずからが、ロープ、ハシゴなどの痛み具合、設置されている支点の強度などを判断し、使用は自己責任です。

そして、こういった人工物を利用する際は、一人ずつ通過することがマナーとなっています。

苦労のあとには絶景が!大崩山登山の醍醐味

DSCF1859.JPG

花崗岩の岩峰が織りなす景色こそ、大崩山の魅力です。

DSCF1862.JPG

むき出しの岩峰の上に立てるからこその高度感!
しかし、その爽快感は、危険と隣り合わせであることでもあります。

登山口の注意喚起看板にもありますように、初心者の単独入山はさけ、必ず経験者と行動をともにしましょう。

DSCF1866.JPG

「よくこんな所に登山道を作ったな」というような、ワイルドな登山道も、大崩山登山のひとつの魅力です。

登山道に、先日の大雨の影響は特にないようでしたが、昨年の台風によって倒木が多く、登山道がわかり難くなっています。

迷ったら引き返す。

この登山の基本を忘れずに、安全登山で楽しみましょう!

延岡市

延岡市

宮崎県北部広域行政事務組合

延岡市は、東九州地域の中心的都市として、旭化成を中心とする工業集積をはじめ農林水産業などの多彩な産業を有するとともに、海・山・川の自然に囲まれ、歴史的には内藤家七万石の城下町として栄えてきた、産業と自然や歴史・文化が調和したまちです。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ