受験の神様!?御頭神社(おとうじんじゃ)大祭!

 皆様、あけましておめでとう御座います。
宮崎県延岡市北川町の地域おこし協力隊のヤマダです。

すいません、ブログ更新をサボり過ぎました。
新年の挨拶は一般的に松の内までとされていますね・・・。

新年を迎えても、私は相変わらずの"よだきんぼ"(宮崎の方言でめんだくさがり屋)ですが、受験生はそうは言ってられない時期になりました。

そこで、今回は宮崎県延岡市北川町にある神社で、古来より頭の痛みや、血の病、さらに最近では受験の神様!としてジワジワと人気上昇中の、「御頭神社」(おとうじんじゃ)を紹介します。

受験の神様!?御頭神社とは?

P1150024.JPG

御頭神社は、宮崎県延岡市北川町瀬口にある小さな神社です。

 御頭神社自体の創建は、昭和初期頃と長い歴史のある神社ではありませんが、現在の御頭神社とほぼ同じ場所に、今は廃寺となってしまいましたが、御頭神社の前身となる「王来山 宝泉寺」が応永二十一年頃に創建されたと言われています。

この、山あいにひっそりと佇む祠(ほこら)の様な小さな神社が、なぜ頭の病や学力向上に霊験あらたかとされる様になったのか?

それは、文武両道の名将と言われた、佐伯惟治(さえきこれはる)公を祀った神社だからではないでしょうか。

知将、佐伯惟治公の頭に由来あり!?

AcToECryu0a_qqI1547620358_1547620445.jpg
【学力向上の文字が染め抜かれた神社のぼり】

 佐伯惟治公は、豊後(現在の大分県)の栂牟礼(とがむれ)城主で、その徳望と優れた武力によって領民から信望高く慕われていました。

祖先からの領地はとても広く、それは主家である大友義鑑(おおともよしあき大友宗麟の父)氏より強力な内容を保っていたそうです。

そこに、大友家臣団の中で佐伯惟治を良く思わない一団が企てを起こしました。

それは、「佐伯惟治は大友家に逆心の意をがある」という噂をたて、佐伯惟治を攻撃しようと大友義鑑を唆します。

 大友義鑑は、【佐伯惟治公に反逆心があるかどうか】たしかな真実を調べようとしましたが、打倒惟治を企てる一団は一刻の猶予なしと臼杵長景(うすき ながかげ)を大将として、すぐさま栂牟礼城を攻撃。

佐伯惟治公は反逆心のない意を大友家に示そうと、二人の使者を送るも、この二人の使者を殺されてしまいます・・・。

佐伯側と大友家の交戦は長期化し、シビレを切らした臼杵長景が出した、

我々は領主大友の命によりて攻撃するものなり、
依って日向に一時脱出の意があれば大友に進言し、
攻撃を取り止め時を置かず帰城の便を約す。

という、和解案ともとれる条件を佐伯惟治公はのみ、一時、北川の可愛岳(えのたけ)の麓に潜伏。

大友家からの使者を待ちます。

s_20150805-DSC_4613.jpg
【佐伯惟治公が潜伏したとされる可愛岳(延岡市北川町)】

裏切られ絶命、遺体は二つの神社へ

 可愛岳で大友家からの帰城の許可を待つも、使者は一向に現れず、佐伯惟治公は伊勢の神主の許に落ち着こうと、直海(延岡市北浦町)から舟に出すことにし、三川内(北浦町)の尾高智山(おたかちやま)で出航を待ちます。

しかし、臼杵長景は約束を反故し佐伯惟治公を急襲。

 追い詰められた佐伯惟治公は、尾高智山の山腹で自刃。家臣がこれを介錯しました。
享年33歳、大永7年11月25日のことでした。

DSCF1437.JPG

【佐伯惟治公の墓と尾高智神社(延岡市北浦町)】

 佐伯惟治公の家臣は、佐伯惟治公の首を大友家に渡すまいと袖に包んで山中を逃れ、ちょうど降り着いた先が、現在の御頭神社がある北川町瀬口の宝泉寺でした。

やっとのことで宝泉寺にたどり着いた家臣は、佐伯惟治公の首を境内に生えているケンポ梨の木に掛けてしばし休憩をとります。

 休憩を終えた家臣が首包みを持ち上げようとすると、不思議なことに首包みはとても重く、その場から動かすことができなくなってしまいました。

困り果てた家臣が宝泉寺の住職にこれまでの経緯を語ると、住職は佐伯惟治公の首を供養し、御頭神社の境内に手厚く葬りました。

DSCF1442.JPG

【御頭神社境内の宝泉寺時代の物とされる石塔群】

 以来、490年以上の間、文武両道の武将と言われた佐伯惟治公の首を弔った「御頭神社」として祀られ、アタマの神様として遠来からも参拝に訪れる方の多い神社となりました。

※佐伯惟治公に逆心の意があったかどうか、今になっては本当のことは分かりません。
ですが、その後、大友義鑑は佐伯惟治公を無実とし、筑後にいる惟治の一族を招いて栂牟礼城主としました。

 以上が、御頭神社の成り立ちです。私の調べた限りのことですので間違いがあるかと思いますが、どうかご容赦ください。

御頭神社大祭は毎年1月15日に開催!ぜひご参加ください!

P1150046.JPG

【大盛況!御頭神社大祭恒例の餅まき】

 古来から頭の痛み、血の病、最近では学力向上の神様として受験生に人気で、さらにさらに認知症にも良い!?なんて話も聞かれる御頭神社。

お近くにお越しの際は、ぜひぜひ御参拝ください!

御頭神社(おとうじんじゃ、おとうさん)

宮崎県延岡市北川町瀬口地区

アクセス:日豊本線JR市棚駅より車で約3分、徒歩約15分 駐車場あり

延岡市

延岡市

宮崎県北部広域行政事務組合

延岡市は、東九州地域の中心的都市として、旭化成を中心とする工業集積をはじめ農林水産業などの多彩な産業を有するとともに、海・山・川の自然に囲まれ、歴史的には内藤家七万石の城下町として栄えてきた、産業と自然や歴史・文化が調和したまちです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ