西郷隆盛の足跡を辿る③ ~明治10年8月16日、17日~

こんにちは、宮崎県 延岡市 北川町 地域おこし協力隊のヤマダです。

NHK大河ドラマ 西郷どん、ご覧になっていますか!? クライマックスが近づき、ますます話題となっているようです!

恐るべし"西郷どん"効果!

西郷隆盛の故郷の鹿児島にある、「西郷どん 大河ドラマ館」の入館者数の増加が過去最高を記録しているようです。
日銀鹿児島支店が鹿児島県内における経済波及効果を307億円と試算するなど、
まさに恐るべし"西郷どん効果"!

私の住む、延岡市北川町にある西郷隆盛宿陣跡資料館も、今年6月の時点で、入館者数が前年比4.2倍を記録、西郷どん効果をヒシヒシと感じられます!

DSCF1016.JPG

【過去最高の入館者数を更新中!の西郷隆盛宿陣跡資料館】

なぜ、鹿児島から遠く離れた宮崎県北の小さな資料館に、多くの観光客が訪れるのか?

それは、西郷隆盛の運命を左右したとも言える、重大なドラマがここで繰り広げられたからではないでしょうか!

P6071449.jpg

【桐野利明像 西郷隆盛宿陣跡資料館】

このブログは、北川町で繰り広げられた西郷隆盛とその家族、西郷を慕った者たちのドラマを、その場所の現在の写真と合わせて時系列で追っていく企画の第三弾です!

※第一弾のブログはこちら!

※第二弾のブログはこちら!

西郷隆盛が俵野を宿陣地と決めた、ある伝説とは?

明治10年8月15日 和田越決戦で敗北を喫した薩軍は、北川町俵野に撤退する。

俵野の地形は、山と川に挟まれた袋小路。
なぜ、西郷隆盛はわざわざ不利になるような場所を宿陣地としたのか?

それは、この地には瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の御陵墓があると伝えられていたからではないでしょうか。

20171127-DSC_0908-min.jpg

【北川陵墓参考地】

ニニギノミコトは天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫にあたる神様で、天照大神の命を受け、三種の神器と、多くの神々と共に高千穂に降り立ち、葦原の中つ国の統治を治めました。

延岡の愛宕山で妻となる木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)に出会ったと伝えられ、延岡とも縁の深い神様です。

日本書紀には、ニニギノミコトは死後「因葬筑紫日向可愛之山陵」と記されており、

日向国の可愛山陵に葬られたとされています。

日本国内でこの名前を持つ山は、唯一、北川町にしかありません。

20150805-DSC_4626-min.jpg【延岡市北川町にある、可愛岳(えのたけ】

西郷隆盛が宿陣した、児玉熊四郎宅の裏がまさにニニギノミコトの御陵墓であると伝えられています。

だからこそ官軍は、天皇の祖先にあたるニニギノミコトの御陵墓を背にした、西郷の居る児玉熊四郎宅に銃弾や大砲を打ち込むことが出来なかったのではないか?

まさに陸軍大将であった西郷隆盛を、天皇の祖先にあたるニニギノミコトが守った形となりました。

明治10年8月16日 薩軍解散布告発令!

西郷隆盛は、児玉熊四郎宅に薩軍の幹部を集めて軍議を開きました。

gungi.jpg【最後の軍議を様子を再現した展示物 西郷隆盛宿陣跡資料館】

和田越決戦の敗戦によって、残った薩軍兵はおよそ2000人。

この窮地に西郷隆盛は、

「我が軍の窮迫此処に至る。
今日の事、唯一死を奮って決戦するにあるのみ。
このさい諸隊にして、降りらんとする者は降り、死せんとする者は死し、士の卒となり、卒の士となる。
唯其の欲するところに任せよ」

と話し、薩軍の解散を宣言。

官軍に投降する者は投降し、死を覚悟して戦う者はそうすればいい。
それぞれの思うように任せると語りました。

これを受けて竜口隊長の中津大四郎は、西郷等に別れを告げ、児玉熊四郎宅の裏山の天神社境内で切腹しました。

P4111840.JPG

【竜口隊隊長 中津大四郎の墓】

西郷隆盛宿陣跡資料館の裏山にある剣先型の墓は、中津大四郎本人が自刃する前に、剣先型の墓を作るように依頼したそうです。

とても武士らしい墓なので、一見の価値があります。

明治10年8月17日 西郷隆盛は可愛岳突囲を決める!

桐野、村田、池上、別府、中島、佐藤、辺見、河野らと再度軍議を開いた西郷は、

「まず可愛岳を突囲し三田井にで、それからのことは又考えればよい」と語り、

児玉熊四郎宅(現:西郷隆盛宿陣跡資料館)裏に聳える可愛岳を抜け、高千穂の三田井に出る作戦を立てました。

IMG_20171208_123833600.jpg

【可愛岳 百間ダキ】

愛岳は急峻な崖のある起伏の激しい山。からこそ、西郷は官軍の包囲の裏を突ける考えたのではないでしょうか?

出発は午後10時、四方に伝令がとぶ。

つづく。

延岡市

延岡市

宮崎県北部広域行政事務組合

延岡市は、東九州地域の中心的都市として、旭化成を中心とする工業集積をはじめ農林水産業などの多彩な産業を有するとともに、海・山・川の自然に囲まれ、歴史的には内藤家七万石の城下町として栄えてきた、産業と自然や歴史・文化が調和したまちです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ