ユネスコエコパークの中心で秋と叫ぶ

こんにちは、宮崎県 延岡市 北川町 地域おこし協力隊のヤマダです。

皆様、連休はどのように過ごされましたでしょうか?
私は連休の最終日に「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」に登録された、大崩山の「三里河原コース」を歩いてきました。

DSCF0832.JPG

※ユネスコエコパークとは、生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共生)を目的に、1976年からユネスコが開始した事業です。

昨年の6月、大分県と宮崎県にまたがる祖母・傾・大崩山系とその周辺の地域が、ユネスコエコパーク」に登録されました。
祖母・傾・大崩ユネスコエコパークについてのより詳しい説明は、公式のサイトを見ていただくとして、

私の住む、宮崎県 延岡市 北川町では大崩山とその麓周辺が主なエリアとなっています。

今回の山行きの目的は、9月になり涼しい日も増えたので、ユネスコエコパークを探しに歩いてきました。

DSCF0754.JPG

連休という事もあり、登山口前はなかなかの賑わいです。

DSCF0759.JPG

歩き始めてすぐ、少し秋らしい物に出会いました。キノコです。

DSCF0762.JPG

この日は延岡市の予想最高気温30℃と暑い日でしたので、中々秋の気配は感じられず・・・。
木の間に大崩山のシンボル的な小積ダキ

DSCF0764.JPG

三里河原コースにも巨岩がゴロゴロ。
スッパリと斬鉄剣で切ったような岩!写真だと大きさが伝わりませんが、高さ5~6mはありそうです。

DSCF0765.JPG

キノコ2

DSCF0769.JPG

木漏れ日の中の気持ち良い道をサクサク歩く。

DSCF0774.JPG

怖い鎖場を慎重に通過すると・・・

DSCF0776.JPG

登山口からおよそ2時間で三里河原に到着しました。
祝子川の巨岩ゴロゴロとした流れが、嘘のようにフラットになって穏やかに流れています。

DSCF0816.JPG

花崗岩の一枚岩の上を美しい水が流れます。
"ナメ"と呼ばれ、このナメが三里河原の独特な景観を作りだしています。

DSCF0801.JPG

このような水の中にそのまま入れる"沢靴"を履いて、ジャバジャバと歩くのが気持ち良い!
川底が滑らかなので、川の中のほうが歩きやすかったりします。

DSCF0812.JPG

ふと上を見上げると、紅葉の始まりかけたモミジを発見!なんとか「ユネスコエコパークの秋を探す」という目的を達成しました!

DSCF0791.JPG

ひと安心したところで、コーヒーを一服。

DSCF0794.JPG

自然の中で飲むコーヒーは格別です。少し柔らかくなった日差しもほのかに秋を感じさせます。

DSCF0818.JPG

祝子ブルーと言われる透明度の高い流れが印象的です。

DSCF0836.JPG

帰り道に見つけたリンドウ?でしょうか。
リンドウも秋の花ですね。

大崩山にも着実に秋が近づいてきているようです。


市街地から車でおよそ40~50分(と、今回は歩いて2時間)で素晴らしい自然が楽しめるのが、延岡です。

延岡市

延岡市

宮崎県北部広域行政事務組合

延岡市は、東九州地域の中心的都市として、旭化成を中心とする工業集積をはじめ農林水産業などの多彩な産業を有するとともに、海・山・川の自然に囲まれ、歴史的には内藤家七万石の城下町として栄えてきた、産業と自然や歴史・文化が調和したまちです。

コメント

この投稿者の移住ブログ

宮崎県北部広域行政事務組合(延岡市、日向市、門川町、諸塚村、椎葉村、美郷町、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町)の移住ブログ