三重県尾鷲市からのお知らせ ええとこやんか三重!情報更新中!

第一回漁村民家改修ワークショップ報告:2日目 ピザ窯製作

こんにちは、三重県尾鷲市 地域おこし協力隊の鈴木教平です。
前回に引き続き、7/29~8/1で開催したワークショップの報告です!

今回はピザ窯製作の現場に密着します。
ピザ窯製作キットを使い、あらかじめ作っておいた基礎の上にレンガを積み上げ、窯を作ります。

DSC_2388.jpg

まずはレンガをくっつける為のモルタル作り。
砂とセメントを練りこんで作っていきます。
これが重量もあり、なかなかの重労働なんです。

女性が多いピザ窯班でこの重労働を担当するのは、DIY大好き青年。
尾鷲市の最南端、梶賀町の地域おこし協力隊・浅田さんです。
このスペシャルゲストは気合の入り方が半端じゃありません。

モルタルが出来上がったら、レンガに塗り付け、少しずつ組み立てていきます。

DSC_2398.jpg

地道に組み立て、隙間を埋めるようにゴムハンマーでトントン叩いて調整します。

DSC_2408.jpg

一段目が出来上がったら、レンガとの隙間にさらにモルタルを流し込みます。
こうして隙間を無くし、強固で熱を逃がさない窯にしていきます。

DSC_2415.jpg

一段目を作り終えたら、今度は三方の壁を作って行きます。
今までは平面に組み立てていましたが、これからは立体的に積み上げます。

DSC_2504.jpg

積み上げるとなると、これもちょっと手間が掛かります。
というのも、一ヶ所でも積みがズレていると、全体がズレてしまうから。
なので、モルタルを塗ってレンガを積み上げたら、専用の分度器を使って、水平になるように慎重に叩いて角度を調整していきます。

こうして少しずつ慎重にレンガを組み立てて、壁が完成しました。

DSC_2516.jpg

ここまで来たら、今日の作業は一旦終了。
モルタルが乾き、レンガがしっかりくっつくまで待たなければいけません。

明日は窯の天井部分を作ります。
窯の中に入っている黒いビニール袋は、天井を作るための支えです。
ゆるやかなアーチ状の天井を作る為、ちゃんと角度が付いています。

明日になったらピザ窯の全体像が見えてくるので、楽しみですねー。

次回に続きます。

鈴木教平

鈴木教平

三重県尾鷲市

東京都台東区出身。 2016年3月から三重県尾鷲市に移住し、地域おこし協力隊として移住促進施策を行っています。 個人ブログ:http://www.kyohei-suzuki.com Facebook:https://www.facebook.com/kyohei.suzuki.56 Twitter:@munewo_house

コメント

この投稿者の移住ブログ

三重県尾鷲市(おわせし)の移住ブログ