エンドレスMOVE

ギリギリでいつも生きていたいから?

あ! ども! たっちーやんけ。

片付いてますか、部屋。
私はさほどモノが多いほうでもないはずなのに、引っ越し直前でも大変に混然とした状態であり、心底自分に嫌気がさしています。
部屋にはその人の心境が現れるといいますが、まさにその通りだと認めるし、普段から整理が行き届いてないことも認めますよ。
もう、あれこれポイして帰りたいっ! どうせならこれまでの人生もポイしたい!! この腫れぼったい顔と土偶のような残念な形の体もポイポイ!!!
てな具合で、引っ越しとはてんで関係のないところでやさぐれちゃって嫌ね。

で、いざ遠くへ行くとなりますと、ありがたいことに連日......

しゃれおつ籠膳


送別会をしていただいております。

こちらに来るときはすでに前職も辞めていましたし、いかんせん唐突だったこともあって友達とごはんへ行くぐらい、「送別」的なこともあまりありませんでした。
元々、人との付き合いは"一対一"が多く、グループで活動したり遊んだりということがほとんどなかった人間だったこともあるかもしれません。

が、この度はありがたいことに、多方面で送り出していただいておりまして。

四万十町でのお付き合いは、これまでの自分にとっては珍しい、"コミュニティ"でのものが多かったのだなぁと改めて気づかされます。

他方、そうでない形でお世話になった方もたくさんおられるので、個別でご挨拶に伺ったりもしていますが(周りきれていないけれど)、年齢や性別、職業を超えた繋がりも含め、人付き合いの面でも初めてのことを多々経験させてもらった2年間といえます。

もちろん、ネガティブな面での「田舎あるある」、例えば

人間関係が狭すぎる、政治や過去のシガラミがややこしい、車が覚えられていて行動が周囲に把握されている、プライバシーや秘密が守られにくい、根も葉もない(時々ある)噂話に花が咲きすぎている、直接文句や注意を言わず陰口を叩かれる......

...等々も経験したわけで、地方移住検討者に「田舎はあったかいから最高だよ!」と良い面ばかりを推すことはありません。
そんな甘い話があったら、地方から都会へ出た人の大半がすぐさまUターンするでしょう。

けれど、しんどかった諸々を差し引いても、地元の方には良い思いの方をよほどたくさん、たくさんさせていただいたと感じます。

お宅でも

こちとら突然外からやってきた、地域も何も知らん、ろくな志も持たぬフラフラした20代後半、かつ基本的には孤独を愛する自己中心的性格ですのに......想像以上に懐が深いよ四万十町、高知県。

美味しいものを食べたり、遊びに行ったり、農業や釣りのような未知の体験させてもらったり、と楽しい時間を一緒に過ごしてもらうことだけでなく、豆腐メンタルの自分が心身ともに落ちた時に物理的・精神的に支えてもらう場面も多々ありましたし。

つくづく人には恵まれる人生だと思わされます(もっとも異性関係については「見る目のなさ」「寄ってくる人の変わり者率の高さ」に昔から定評がある私、こちらでも安定の残念さを発揮したけれど)。

が、今振り返るまでもなく常々思っていたことながら、自分は与えてもらうばかりで結局ろくに返せていない、あるいは他の誰かに与えられていないのですよね。

人にこう話すと「いやいやそんなことはなかろう」と励まされますし、私だって身近な人に同じことを言われたら同じようなフォローをするのでしょうが......それでもやはり、インプットとアウトプットの質量がきちんと釣り合ってない気がしてしまいます。

残りの人生、まぁ何年あるかはわからぬものの、少なくとも生きている限り(お世話になったご本人に大してだけではなく)優しさや気遣い、寛容さをもって過ごせるでしょうか。
いや、そう過ごさねばならないですね、決して簡単ではないけれど。

ほんじゃ。

高知県四万十町

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ