不機嫌すぎるジーン

生存報告

どもども、たっちーです。

乗ってますか、マイカー。
筋金入りのペーパードライバー、おかげで走るのは嫌いでも歩くのは無限にいける!という健脚が自慢でした。
が、四万十町へ移住してからはすっかり車生活になり、運転技術はちっとはマシになったものの足腰は弱る一方。
お街で公共交通移動をすると運動不足を痛感し、社会、否、都会復帰ができるか心配です。

さて、ちょっと休みすぎてしまった気がしたもんで、高速バスでの移動中に書き始めた本投稿でございます。

別府サンラーイズ

何、お前はまた旅行をしているのか! 仕事せい! 

とのツッコミは今回に限っては受け付けません、てのも主目的が法事でありまして、我ながらまぁ正当な事由だと思うわけです。

しかし一般に法事で田舎へ、というと「ご愁傷様です......」なんて周囲にしんみりされてしまいがちですが、この度は父方の祖父の五十回忌とあって実質"お盆"のようなもの。
そもそも、五十回忌まで法要をするというのも今では割と珍しい方で、やっても三十三回忌までが主流のようですね。

にしても私や兄はもちろんのこと、母すらも会ったことがない故人を偲ぶ、なんてよく考えればだいぶシュールな状況じゃないですかね。
とはいえ「ご先祖様」枠(?)として捉えれば割合すんなり、なむなむできるから不思議なもんです。

おててのシワとシワをよ

なんであれ、両親の郷からかなり離れて暮らしてきた我が家にとって、親戚と顔を合わせる回数が絶対的に少ないですから、良い機会ということでしょう。

ちなみに写真で見る祖父は中々のイケメンですが、美形要素はその子にも孫にも受け継がれていません。

残念すぎる。

ほんで生前を知る親戚によれば、祖父は柔和な性格で口数が少なかったという。
......うちの父と兄たちは対外的に確かに口数は多くない、が単に人見知りしがちなだけだし、自分はお察しの通り口から先にオギャアと出てきたタイプ、しかも舌が毒まみれです。

ううううむ。

残念通りこして、遺伝子の!!! 馬鹿!!!!!

......ま、世間的にも「悪い所ばかり似る」っていうよNE☆
なんて、唇を噛みながら四万十へ帰るとさ。

ほんじゃ。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ