Ping-Pongパン体操

打ちのめされましても

どもどもーたっちです。

キレられましたか、仕事で。
四万十町内外に関わらず、一緒に仕事をさせていただく方には恵まれているほうですが、時折自分の想像から外れた言動をとる方と遭遇します。
やりにくいな、なんでキレとんのや知らんがな、と思う反面で、世の中には色んな人がおるし、自分の常識は他人の非常識なのだ=学びの機会だと捉え直すように気を付けています。
きっと私自身、誰かにそんな風に思われているところがあるはずですし、皆お互いさまのことですから、三十路を前にして、細かいところでイライラせんようにしたい......けどなぁ。

言うてもニンゲンですからイラッともします(人並みより多いけどね)、要はためないように適度に発散するのが大人ってもんでしょう。

サー

その解消手段としてスポーツは一般的ですが、自分が明らかにできない競技をやると逆にフラストレーション感じたり凹んだりする面倒くさいたちなので、普段はあまりやりません。

でもいざやってみると、時たま皆でワイワイ集まるというのも悪くないなぁとも思ったりしたのが先週末。
毎年恒例となっている高知県内の自治体対抗スポーツ大会(あくまで数合わせですが)にお邪魔しまして、卓球、否、温泉ピンポンに挑戦いたしましたYO!

で、結果?

あっはっはっは。

だって、他のチーム(四万十町の別チームも含め)の皆さんてば、想像以上にガチすぎるんですよ!!!!
明らかに8割以上経験者、パラリンピックの強化選手なんて方もおられたし、初めて王子サーブなんて生で見たよあたしゃ。
ちなみに隣の会場でやっていたバレーボールも本気度が高杉内で若干引きました。うへ。

でもまぁ楽しませていただきましたの。
手加減してくださったんで、ちょこっと点もとらせてもらいましてね。

ほんで、皆さん本気の試合の後には、お待ちかねの大宴会であります。

ハー

土佐御苑の大座敷にズラリと卓が並び、一瞬にしてなくなるバイキング形式の料理、気づくと中身の入っていない瓶やグラスばかりになっている酒、身を挺した余興の数々......。

なぜ、若手の男性陣がハメハメハを踊って回る?慣習なの?ようわかりませんけれど、普段は真面目に公務員をやらねばならぬ皆さんですから、それこそ私なんかよりあれこれ溜まっていて大変なのでしょう。

皿鉢こそなかったけれど、これぞ高知の宴席かしらという感じね。

私もだいぶ酔っぱらいまして、翌日はKO負けしたジョーのごとく顔が腫れあがっておりましたとさ。

ほんじゃ。

たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ