もりもり食べたら

まみれていいのさ


ども、たっちです。

咲いてますか、菜の花。
四万十町に移住するまで、あまり触れる機会のなかった(そもそも知らなかった)様々な魚や野菜を食べる日々。
そのひとつに「ナバナ」があって、ほろ苦さの中に甘味のある、やわらかい葉物野菜ですが、「菜の花」との違いって意識したことがありませんでした。
調べてみると「菜の花」はアブラナ科の黄色い花の総称で、菜種油用のナタネ、食用に品種改良されたナバナなど、様々な品種を包含しているのだとか。

「菜の花」は見て楽しい、「ナバナ」は食べて美味しい、と覚えれば間違いないかしら。

さて、そんな植物をモチーフにしたバイキング企画が昨日、大正は下津井地区で開催されました。

わくわくだぜ

秋はきのこ、春はひなまつり/菜の花をテーマに、地元のおかみさんたち特製の絶品料理が並ぶ人気イベントです。

だいぶ減っちゃったあと

町外からも多くのお客さんが訪れ、イタドリやぜんまいといった、地元ならではの春の食材に舌鼓。
11時のオープン前から60人以上がウェイティングの大盛況!......と言いたいところですが、団体予約のあった前回、前々回に比較するとちょっと少なく、悔しいところも。

ただ、地域おこし協力隊や、下津井にルーツにある有志の若者スタッフのサポートを含めても、おかみさんたちが余裕をもってお客さんにサービスするにはちょうどの人数ともいえました。
完全予約制ではないこともあり、お客さんの数の予想は難しいものと痛感しますね。

じゅわわわ

ちなみに私は今回、シイタケとしめじのタタキ用に朝7時から約5時間、油と格闘しておりました。
タタキは老若男女に大人気のメニュー、テイクアウトにもバンバン売れたので何よりですな!

今回来れなかった貴方、秋はマツタケを食べに下津井へどうぞ。

たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ