【でがない】からな

*本日、生きた証*
 AM:空き家調査
 PM:セミナー準備
    ひたすら事務

桃の木

どんも、たっちーです。

プロフェッショナルですか、仕事の流儀。
就活の際「将来、俺は情熱大陸に出る男になるのだ!」と豪語していた大学の同期は、上の番組も出演番組候補に挙げていた記憶があります。
確かに、働く姿を通して生きざまを描くドキュメンタリーって純粋に格好良く、興味のない分野の人の回でもつい見入ってしまうことも。
そうした志がない私は、テーマ曲を耳にするたびに彼は今元気にしているか気になります。

いつか、ふらっと出演したらビックリするだろうなぁ。

ビックリといいますと、昨日は高知県内での披露宴に人生で初めて出席したのですが、まさに驚きの連続でした。

例えば「新郎新婦より先にがぶがぶ飲んでいる人多し」とか、噂には聞いていたのですけれど......。

まじか...

まさか、窪川駅から高知市内のホテルまでの送迎バスで飲まされるとは思っていませんでした。
午前11時であることに加え、そもそもバスの中にキンキンに冷えたヱビスが完備されているって......おうおう。

でホテルについて受付を済ませると、「Aの席に座ってね」との指示があり、宴会場の扉に係れたテーブル配置図を見てAのテーブルへ向かいます。

あれ? にしても席次表はないんかね??

隣席に座られたお二人が東京からのお客様だったので、「高知方式の結婚式って全然わからないですよね......で、席次表がないから誰が誰だかも。はて」なんて話をしたのですが。

乾杯の挨拶の後に、その理由があっさり解明されました。

ははあ

皆全然座ってねえええええええ。

そら、席次表あったって有効なの20分ぐらいのものだもの、意味ないわ。

まだまだ

自分だって、お座敷での宴会であれば、みんながあちこち注いで動きまわる文化は慣れているけれど、まさかテーブル席のパーチーでもこうなのねと。
びっくりす。

ほんだから、頼んでいない私の席にも早い段階から熱燗が出ると。
びっくりしたのは間違いでした、理由があると。

そうよねえ

新郎新婦たちとの記念撮影に立った誰かの空いた席に別の人が座る、席の主は戻ってくるも席がない、だから違う席に座る......ENDLESS☆SHOCK。

私の隣の幼児用椅子に、何人の大の男がお尻をねじ込んでいたでしょうか。

しかもしかも。

ここでもかっ

まさかまさかの、鰹のタタキ実演&ビュッフェコーナーまであると。

分厚く切るのが流儀

県外からのお客様は珍しがってカメラをパシャパシャ、こりゃ素晴らしいエンタテインメントですなあ。

おめで鯛

さて、高知での結婚式という初体験を味わせてくださったのは、昨年4月に卒業された四万十町地域おこし協力隊の先輩です。
私は彼女の現役時代から"窪川のクールビューティー"とその美貌を崇めていたこともあり、ウエディングドレス姿の麗しさにヨダレが止まらry

ご入刀~

我が町の誇るヴァイオリン職人である新郎もマッチョかつ相当にイケメン、であることを忘れるぐらい花嫁が美しくてですね。

都会から来た協力隊が地元の方と結婚して、しかもそこで就職して......とこれ以上なく素晴らしい展開のため、出席者した皆さんの喜びや目線の温かさといったら格別でした。

お色直し後の真っ赤なドレス姿にもまた惚れ惚れしつつ、それでも一番盛り上がった、否、会場の笑いが最高潮に達したのは乾杯前でしょうな。

キャンドルサービスだぜ



幼馴染からお祝いの言葉を贈られた新郎が新婦を差し置いて大号泣だったのですもの。
普段はあまり表情を変えない、寡黙な紳士だからゆえに面白く、かつ可愛らしい姿でした。

末永くお幸せに!

てな感じで、どうすか四万十町の協力隊、こんな成功事例もございます。

む?

お前はって?

はははは。

物をすぐなくしたり壊したりするのと同様に、人間関係においても一部を除いて【でがない】もんで、彼女のような展開は難しいですね、すいません(棒。

てんで本日の高知ことば【でがない】は【長持ちしない】という意味でつかわれる幡多弁です。
 例)あこの商品は【でがない】がが多いき、すぐちゃがまって困る。

ほんじゃに。

たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ