【洗いあけ】専門

*本日、生きた証*
 AM:空き家調査
 PM:じむじーむ
   夜:久々食堂!

あちらこちら

ど、も、たっちーです。

世に憚ってますか、憎まれっ子。
要は「YOU, 嫌われてる?」て話ですが、仮に自覚していても素直に頷く人も少ないでしょうし、知ったからって「やっぱり?そう思ったんよ」と言える質問でもなく。
世の全員から好かれるなどあり得ないことはさておき、とかく自分は一部からひどく評判が悪いらしい。
かといって別に嫌われすぎて日常の生活に支障が出るほどでもないし、特に行動を改める気もなく。

だから何だ、という話ですいません。

そんな私ですが、生きている限りはわずかでもこの世のお役に立ちたい、働かないとという意識はございますので、元気な限りは仕事をするわけです。
呑んでばっかりではないのん。

美しや

地域おこし協力隊としては「移住・定住促進」がミッションですので、例えば1ヶ月1万円から住めるお試し滞在住宅の維持管理なんかもやったりして。
上の写真は、先日お掃除をしに十和の住宅へ向かう道中、四万十川最大の中洲・三島の風景が美しかったのでパチリしたもの。

ナバナがシーズンを迎えているため、緑が鮮やかです。

一方で、我が町の空き家バンクに登録されている民間の住宅についても、物件を探している方がおられたら内覧にご案内したりもします。

お得でござんす

昨日は、大正の街中にある物件を町外からの移住希望者さんにご紹介しました。

こちらの物件、約78㎡もあるのに月1.5万円と超破格の家賃、掘り出し物です。
借家としては珍しくペット可。

しかも抜群なのは、JR予土線・土佐大正駅から徒歩2分という立地ですねえ。

きらり

なお、目の前はコンベンションホール・きらら大正です。

元気は内臓から

大正といえば本日、カタカタと役場で事務作業に徹していたところ、嬉しいお客さんがお越しくださいました。

大正は大奈路地区の方、ご用件は......。

わふーーーーい

うほほほほほほ、自家製MISO!!!!

学生時代は味噌醤油・豆料理が自慢の和食レストランでバイトをし、"豆娘"と呼ばれたほど豆を愛するワタクシ、最近は味噌汁作りにハマっておりまして。

大奈路でイベントのお手伝いをした際、たまたまお会いした地域の方におすそ分けいただいた味噌が、それはそれは大変美味で......。

今度は購入させてください!!
と、大正地区担当の協力隊に伝言を依頼したところ、ドッサリ2kg近くいただいてしまいました。。。
申し訳なさと感謝と嬉しさと、もうイッパイいっぱいでありますな。

ちなみに味噌、というと塩分が気になる人も多いとは思いますが、個人的には発酵食品として腸内環境を整えてくれるものと認識しています。

整腸よろぴこ

とにかくあまり内臓の動きが活発でない人間ですけれど、最近はひたすら芋を食べて食物繊維を摂取したり、役場に売りに来たヤクルトを飲んだりして必死に抵抗中です。
気休めかもしれませんが、若干......調子が良いような?

毎朝、味噌汁を作るとなると鍋の【洗いあけ】っちゅう雑務が生じてしまうけれど、それを上回る健康効果と美味しさがあるなら3分早く起きても良いでしょう。

てんで本日の高知ことば【洗いあけ】は、【皿洗い】という意味で使われる土佐弁です。
 例)料理は苦手やけんど、【洗いあけ】なら率先してやるで!!

ほんじゃに。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ