れっつご【ちきん館】

*本日、生きた証*
 日中:野地・家地川のグルメイベント参戦 «カムバック to 社会!»

これぞチキン感

あは、たっちーです。

どれが一番好きですか、肉。
人に聞くヤツこそ、自分の心が決まっていない......て場合が多いですので、やっぱり牛・豚・鶏いずれも捨てがたい。
むろん、鴨、羊、馬、猪、鹿なんてところも、それぞれに違った旨さがあって魅惑的! しかし何でも食べるなぁ人間って。
あえて一つに絞らなければならない、となれば豚かもしれません。 何、聞かれてない?

でもね、もし揚げ物にするんだったら、やはり鶏が最強かもしれません。
トンカツや酢豚といった強力なメニューをもってしても......。

やっときた

唐揚げ、フライドチキン、チキン南蛮、とり天......
んふー枚挙に暇がないんですよね、油とのコラボにおいてバリエーションが豊富すぎるのです。

そんなマルチプレイヤーはもちろん、値段の面でも日々の家庭料理で大活躍なわけですが、独り暮らしで揚げ物ってそうそうできるもんではありません。
(当方が料理音痴である点を大いに差し引いても、ね)

できないことはない、しかし沢山の油で一気に揚げる方がより美味いんです、だから餅は餅屋、惣菜は惣菜屋、あるいは肉屋だと。

てんで、以前おすそ分けにいただいた唐揚げとチキンボールの味が忘れられず、四万十市へ行った際に訪れましたは【ちきん館】さん。

天国かよ

「まるっぽ鶏」と呼ばれる地鶏の和風ローストチキンが看板商品で、四万十市に2店舗しかない超ローカルながら、県西部にファンの多い人気店です。

この時お邪魔したのは有岡にある本館、想像していた"お肉屋さん"とは少々趣が異なり、"惣菜と精肉が豊富な食品スーパー"といった品ぞろえで、ここ一軒で日々の食材はすべて手に入ってしまうほど。

ほんで、お惣菜のラインナップもまた期待を遥かに上回るもので、選びきれずに「やばい......これはやばい......」とブツブツ言いながら相当長いこと棚の前を徘徊してしまいました。 やばいのはお前やろと。

サクサクちゃん

ほんで、どうにかチキンボール、塩チキン館フライ、ローストチキンを買うたのですが、まぁ~どれも旨いのなんのって! 
ローストチキンのジューシーさといったらたまりません、しかし脂っこくないので、一本ぺろり。

フライの衣も、さすがにサックサク、塩気がまた絶妙でございましてね。
酒が飲みたくなるやーつですよ。

サックサクといいますと。


天ぷらつくんないと

この擬音が似合うトッピングの代名詞、それは愛すべき天かすちゃんです。

そもそも天ぷらを作らない人間が、天かすなんていうのもおこがましいのですけど、とにかく普段揚げ物をさほど食べない人にも愛されますわな。

特に。

何度目か

UDOOOOOOOONちゃん、SOBAAAAAAAAさんをいただく際には欠かしたくないと思いません? どうですか?

個人的にはぜひ傍にいてほしい存在。
でも、中村の「手打一番」さんでは決して常備されている品ではなく、自分や前後の人が天ぷらを頼んだ時に限るってんで、逆に出くわした時にラッキー感があったりします。

マクベス?

ただでさえ蕎麦もうどんも美味しいお店で、メニュー数もえらいこっちゃありますから、行く度にどれにするか迷うのですが......
いや実際、前夜から迷いに迷ったのですが......他に考えることはないのかね。

心はとにかく、カレーに決まっていたのである。

なぜって?
飲み物級にルーを愛しているからに相違ない。

である以上に、ここのカレー出汁は具だくさんかつスパイシー、かつ過剰な汁っぽさがなく絶妙なのだ!

ゆえにカレーは揺るがない。

うどんか、蕎麦か。 それが問題だ。

はずれねえな


うーーーーーん


蕎麦☆


え、どうでも良い? しかも箸上げじゃないから、画像で分からない?

そうですね、毎度食いもんの話ばっかりしてる奴がどんな麺を選ぼうと、皆様の日常に何ら影響はないもの!
まぁ影響なんかしたらプレッシャーが大きすぎて、食べられないわ。

ほんで見ての通り、でら美味かったっすカレー蕎麦。 
やっぱこれですよねー、とウヒャウヒャしながらすすりました、悪いけど(ウザいだけで悪かないか)。

ちなみに長きに渡って世間から隔絶されていたワタクシ、おかげさまでようやく社会復帰を果たしましたが、さすがに今日行ったわけではないです、中村。
インフルのイの字も想定していなかった発症前日のこと、もはや遠くなりつつあった記憶を掘り起こして書きつつ、すでにまた【ちきん館】へ行きたくなっています。

食い意地ワッショーイ。

てんで本日の高知文化【ちきん館】は、四万十市で鶏が自慢のお肉・惣菜のお店です。

ほんじや。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ