【気がせれる】ねー

*本日、生きた証*
 終日:生きてないかもしれない

でんでけでんでん

ど。も。たっちーです。

ご一緒にいかがですか、ホタテ。
おぎやはぎやさまぁ〜ずなど、コンビ愛の強さで知られるお笑いコンビは数多くいますが、サンドウィッチマンに一番笑わされます。
バラエティ番組に出ていると安心する面白さを提供してくれますが、やはり何度同じネタを見ても腹を抱えてしまうコントが最高です。
あんな人らがお父さんやったら、家から出たくなくなりそうだなぁ。

家から出ないといえば。

じじいも泣いちゃう

高知に移住してからというもの、「個人的引きこもりフェア」を不定期開催、一日や二日ぐらい家から一歩も出ずに過ごすなんてザラでした。
むろん純粋に調子が悪くて寝てしまっていたこともあれど、どちらかというと積極的惰眠、終わってみるとテヘ☆ てな気分でございます。

が、やはり「テメェしばらく外出んなバーカバーカ」(意訳)という外的な圧力によって閉じ込められる、てのはどうも。

どうも!

次長課長・河本じゃないよ

うわああああん。

何! 

この! 

如何ともしがたい、ただ終日布団の上をゴロゴロして毛玉と化す、この無意味な時間は!!!

しかも引き続き熱は出ず、かといって体はだるく、なら諦めて寝るべしと枕に頭をつければ2・3時間で飛び起きる、100%悪夢が原因。

だからこういう時の為に、読み溜めていた本が枕元にうず高く積んであるのではないか。
とか思うけれどもう全然ダメ、心の折れやすさといったらクーピークレパスを遥かに上回るの。

アメフラシ

まぁね、いい加減もう諦めたらどうよって話です。
確かに初日に比べればあちこちの痛みは大分軽くなったし、あとちょっとで監禁期間も終了するではないかと。

しかも。
しかもしかも。

およよ

今日もまた、有難き差し入れ、もといお供えを頂戴したではないの。

しかも予想外の、大きな発泡スチロールが玄関脇に置かれておりまして、姿勢を正してオープンしますと......。

ぶわっ

うわあああああん(2回目)

具体的なリクエストは一切していないのに、好きなものしか入ってないやいっ......
うっ鼻水でちゃった。

何せ今回、集中力がクズと化す一方で全くもって衰えを知らない、むしろ太る可能性すら高い食欲、唯一の楽しみと言っていいのがUMAIMON!

わおーん

しかもお弁当箱を開けますと現れたのは、大正のオカンこと須藤鮮魚店の女将特製・スタミナおかずがてんこ盛り。
ひとくち噛みしめるたび、女将と、差し入れをくださった方のパワーがドカンと伝わってきますね......。

さらにはたくさんのパン、はぁげんだっつのアイスなんかもいただいてもうて、またしても感謝の念でおデコが地中にめりこみそうです。

早く普段通りに戻りたいと【気がせれる】時は(戻ったところで大したことはないんですが)、美味しいもんを食べて深呼吸せえってところでしょうかね。

てんで本日は、水木先生からもパワーをもらうべく鳥取ことば【気がせれる】は【イライラする】という意味で使われる鳥取弁です。
 例)これだけ練習してるのにまだできるようにならん? 【気がせれる】かいなー。

ほんじゃ。 はあー痛む喉にアイスうますぎるん。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ