【目がまって】しもて

*本日、生きた証*
 日中:ジムサー業
  夜:げほげほ

悪霊退散

どむどむ、たっちーです。

どっちですか、恵方。
主食選択において日本国民らしからぬ趣味嗜好を発揮するせいで、流されやすさが自慢の私も世の恵方巻ブームに乗ることができません。
酢飯でなくて、かまぼことか無いのん? なんて試みに調べてみたら、さすが有りました
いやあ素敵ですな、魚肉なら味に間違いなしかつ今流行りの糖質オフ、レビューでも好評ですし、今年も売っていたのかしら?

恵方といえば。

豆まきの掛け声は「鬼は外 福は内」が一般的ですよね。

しゅらば

が、先日潜入した四国遍路第37番札所・岩本寺の節分会では、ひたすら「福は内」のみが繰り返されます。
曰く、「神社には鬼がいませんから」とのこと、おらんもんは追い払う必要がないってね。

ふう助かった、邪気払いなんかされたらドロンと消えてしまう、アタシの体はヨコシマさでできてるの。

ごろごろ落ちてまする

で、108回の般若心経を読み終えたのち盛大に開催された豆まきでは、高知県民大好きな餅まき同様、イベントとその前後数分間だけ境内の人口が圧倒的に増加。
え、ここらってこんなに人いたのん。

しかも宙を舞うのは豆のみにあらず、お菓子やらポケットティッシュやらがガンガン飛んでくる、そこに人が群がる、畳を這いつくばる、どうぞこちらへ投げてくれと手と声を上げる、等々の大変に混沌とした状況でございました。

でも、一番びっくりしたのは、これかも。

ご縁やら

五円玉、もとい五縁玉......!

単体で飛んできて、下に落ちた小銭を拾うとなると些か無粋というか、生々しい感じがしてしまうのですが、赤や緑など、とりどりの色のリボンが結んであって可愛らしいのは良いですな。

えらいこっちゃ

しかしまぁ、なんかこう言いにくいですが、「○○まき」類のイベントは人間の本性をまざまざと見せつけられ......欲とは何たるか、みたいなところを考えさせられる機会ですね。
うん、人のふり見て我がふりを直します! 

もちろん、良いところを真似る、てのも他人から学ぶべきであるのも分かっています。

分かっている、けれど真似したくない、いや万一しようと思っても真似できないことのひとつ、それは......

ごーるいん

マラソンでございます。

高知・四万十町に移住してつくづく感じることですが、「走る」という行為がお好きな方が多くてですね、本当に尊敬いたします。

でもね、くどいけどね、あたしゃ
絶っっっ対に
嫌だよ!!!!!!

もう意地でも走らない、だって走ってる間ヒマなんだもん!!!

大会に参加費払ってエントリーするなんてもってのほか、1kmあたり3万支給されても3kmが限度じゃないかしら。

ぎゃんばるんば

こんな有様ですから、普段お世話になっている役場の職員さんに「丸亀国際ハーフマラソン一緒に出ようよ! ハーフならハードル低いよ!?」と熱心なお誘いを受けても断固拒否。
揺るぎません。

でも、もちろん応援なら喜んでしますよ☆ 
てんで、出場される皆さんについて昨日、行ってまいりました香川県丸亀市。

しかし前夜から大寒波が押し寄せ、当日朝にランナーお二人と共に乗り込んだ車がまさかまさか、香川県に入ってから大雪に道を阻まれ、スタートに間に合わないというアクシデントが発生してしまいました。
香川って豪雪地帯なん、なんなん!!!

ふれふれ、らんなあ

出場が叶わなかったのが心から残念ですが、現地に前乗りをして無事にスタートを切った他三名のランナーを応援すべく、コースの沿道へ向かいます。

尊敬します

出場された職員さんを見つけて応援することができたし、全員見事に完走なさり、ひとまず良かったてなもんです。

大体こんな雪がちらつく天候のもと、20kmも走られること自体ランナーの皆さんを尊敬しますが、着ぐるみやら変なかぶりものやら、超絶動きにくい恰好で走っておられる方々もたくさんおられてねえ。 
あと、もう今にも死にそうな、この世の終わりみたいな顔をして、足を引きずりながらもリタイアしない方。

心の底から尊敬します。

しかしそれ以上に、隣でお父さんを応援していた見知らぬkidsたち、素足にミニスカート、くるぶしソックスて!!!!
ランナーみたいに動いて暖まれないにも関わらず、、、若さって無敵です。
(それを考えると、「マラソン開催中のため通行禁止」のような札を持って終日立っておられる方にも、改めて頭が下がります)

しかしこちとら、昼頃から急に寒気がぞんぞん・全身倦怠感、熱っぽさに多少【目がまう】状況でしたよ......?

てんで、本日は香川ことば【目がまう】は【目が回る】【頭がクラクラする】という意味で使われる讃岐弁です。
 例)【目がまった】ぁ? 調子こいて、コーヒーカップ続けて乗るからや。

えええ。 インフルやったら最悪やんけ。。。
全力でそうじゃないと否定するトゥナイト。

ほんじゃ、に。

たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ