【おとこし】はよ

*本日、生きた証*
 日中:チャージ(良く言えば)
  夜:或るバイト

男前パスタ

盗まれましたか、心。
アニメ好きの人には「ルパン三世 カリオストロの城」こそ宮崎駿の最高傑作だ、と主張する人が多いですね。
ルパンシリーズは、その出来不出来をどうこう言えるほどチェックできていないけれど、確かにあの躍動感にはひたすらワクワクさせられます。
クラリス姫から去っていくルパン、アニメ史上に残るかの名言を残した銭形警部、いずれも男前......。

カリオストロといえば。

宮崎作品の特徴のひとつに、先日触れたキキのニシンパイやラピュタの目玉焼きパン、となりのトトロのサツキお手製弁当をはじめ、「ついお腹が鳴ってしまう美味しそうな食事シーン」があります。

「カリオストロの城」でよく言われるのは、ルパンと次元が豪快にがっつく「ミートボールがゴロゴロ入ったトマトスパゲティ」で、多くの人が一度は食べたいと思ったに違いありません。

まぁ、真似して作ればいいわけですけれども、

わーい

四万十町でも食べられるお店を発見したのでご報告しましょう。

窪川で本格窯焼きピッツァが食べれらるお店として知られる「LOCO」さんのメニューには、しっかり「カリオストロ」の文字がありまして、期待通りの一品が出てきてくれました。
ジューシーなミートボールの中にはトロリとチーズが入っていて、食べ応え抜群です。
 
もちろんピザも

もっともこのお店こそ、カリオストロパスタが供されるに相応しいともいえるのは、入口の前にも店内にも、トトロやキキをはじめジブリキャラクターがこじゃんと飾られているからです。

テーブルや壁にぬいぐるみやイラストが溢れているだけでなく、大きく映し出されたプロジェクタの画面には常にジブリアニメが流れ、トイレもキャラクターが......うーん筋金入りのファンなのでしょう、マスター。

メリーさんの

と、昨晩久々に(ん?そうでもないか?記憶が曖昧)訪れたわけですが、とっぷりと暗くなった頃にお店へ訪れると驚愕ですよね。

キレー(棒

んんんんんんーーーーーーーー

ツリーーーーーーーーーーーー

早くない? 早くないですか? そうでもないの?

だってまだ11月......も中旬ですよ。 え、中旬かよ。

もっとも子供も配偶者も恋人もいない非キリスト教徒である自分にとって、クリスマスっちゅうのは「おこぼれのケーキが回ってくるかもね〜」ぐらいのあれですよ。

何らメリットを享受できない、どころか余計な肌寒さすら覚えさせられてしまう......

とかなんとか、文句ばっかり言うヤツ(だけに限りませんが)のために独り身大歓迎のイベントが開催されるそうですよ。

ほほう

四万十町 × JR四国さんコラボ企画「クリスマス列車でぷちおきゃく」であります。

12月16日、予土線の車両を2両貸し切って窪川駅を出発、愛媛方面へ向かう間に皆で車内をクリスマスデコレーションして、宇和島駅に着いたら今度はイルミネーションの装飾をし、再び窪川へ戻る車内にて特製料理でパーチーしようぜ! という盛りだくさんなイベントだそうで。

副題に「よどせんで出会う旅」とあるぐらいですから、クリスマスに滑り込みで素敵な人と出会えないかしら......という方はもちろん大歓迎ですし、カップルや夫婦でデート気分で参加するも良し、だそうで。
(ただし20歳以上限定なのでお子様はごめんね)

お申し込み・詳細はこちらへ。

毎年すごくなるな

窪川では毎年恒例、"芋けんぴ御殿"と称されるスイーツショップ「水車亭」さんのライトアップも始まって、クリスマスムードが高まっていますしねぇ。

トナリが空いている【おとこし】よ、今こそ勝負どき......か!?

てんで、本日の高知ことば【おとこし】は【男の人たち】【男衆】という意味で使われる土佐弁です。
 例)こればあの荷物はとても運びきらんき、【おとこし】を呼ばにゃいかん。

ほんじゃ。に。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ