仕事を【おいたら】

*本日、生きた証*
 AM:作戦会議@須崎
 PM:事務作業カタカタ

話題のSPOT

どもども、たっちーです。

マザーですか、牧場。
元関東民として、1都6県の中で「千葉」は東京、神奈川に次ぐ知名度の県だと思っています(埼玉と争ってるようですが)。
にも関わらず、そのプライドの低さたるや何とももったいない。
ディズニーランドにしろドイツ村にしろ、「東京」なんて帽子を被らず堂々と千葉を前面に押し出せば良いじゃないの。

マザー牧場といえば。

いわゆる動物とふれあえるタイプの牧場ですが、そのレストランで創業以来の人気No.1メニューがジンギスカンというのはどうなん? 
ついさっき「きゃわいい~」と一緒に自撮りしていたヒツジちゃんですよ、食べる方も食べる方だけど出すのも、ねぇ。

イケイケな巣

なんて思ったけれど、じゃあ寿司屋とかの生け簀はどうなのよって話ですね。
ああ、水族館でイワシの大群を見て「うまそー」とつぶやいたことあったわ、すいません。

ちなみに(知る限りでは)四万十町の飲食店ではそうした水槽は見かけませんけれど、お隣は中土佐町に行けばビチビチのお魚を食べることができるそうで。

やっとこれたで
7月のオープン以来、中々営業時間に立ち寄れなかった話題の道の駅「なかとさ」は、平日の昼間ながら駐車場がかなり埋まっておりました。

おお、噂に違わず人気なのねん。

Pain Pain 

生け簀の前の食堂で丼や浜焼きが味わえるのはもちろん、久礼の港に揚がったばかりの海の幸は野菜や果物と一緒に「マルシェなかとさ」にて購入、お持ち帰り可能。

ピチピチでよ
あっという間にモノが売り切れてしまう、という話を聞いてこそいたものの、昼過ぎに行ったのにもう品数が少なくなってるわ......
こら、お目当ての品がある時は早めにいかなくてはなりませんね。

で、こちらも案の定、品薄になっていたのは「岩本こむぎ店」のパン。

残りわずか

なんでも、中土佐では15年ぶりにオープンした待望のパン屋さんだってんで、地元の方もこぞって買いに訪れるといいます。

ちなみにこのお店のブログは商品紹介よりも「本日分は完売しました!すんません!」報告が多いとか。 どんだけ!

確かにお店に足を踏み入れると、立ち込める香ばしい空気についつい購買意欲が......わきますわなぁ。
少々お値段張っても、「美味しい」と幸せなひとときを過ごせたのなら損はないでしょう。

そういえば先日、東京出張の途中で食べたバゲットサンドもまた同じ。

正解でありんした

立川に本店があるというムッシュ・イワンは、小腹が空いた時にたまたま通りすがり、初めて購入、しかしサンドイッチにしては高い?

が、セミドライのオイル浸けトマトとパストラミ、リーフレタスの奥にキャロットラペがぎっしり...oh これは金額だけのことはあるわ。 美味し。

なんて書きよったら腹が減ってきましてん、はよ仕事を【おいて】帰りましょ。

てんで本日のことば(仕事を)【おく】は【終える】という意味でつかわれる......土佐弁なの? 調べてみると、どうも別の地域でも使うようだけど。。。(情報求ム!)
 例)さっさと【おいて】一杯飲みに行こうや~!

しかも「仕事」以外、「勉強」とか「読書」には使わないらしい。

ほんじゃーに!
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(27歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ