【けつまげて】も

*本日、生きた証*
 AM:大好き単純作業
 PM:大正駅前にぎわい拠点で業務ひきつぎ
   夜:茶プリン

ひきつがんと

どもども、たっちーです。

ポキッとしてますか、チューペット。
大人数でアイスが食べたくなった時、「お金がない」「手を汚したくない」という二つの要素があれば、迷わず手に取るアイツです。
クリーム系のものが好きなので、そもそもフローズン系あんまり買う機会がないけれど、子どもの頃は夏場にうちの冷凍庫に常備されていて、大変お世話になりました。
時折無性に懐かしくなって、ちゅうちゅうと吸いたくなるんだよなぁ。

ポキッといえば。

筋金入りの甘ったれな性格ですから、何かあると簡単に心が折れやすいタイプではありますが、それ以上に鳥頭なので忘却、立ち直りは早い方です(忘れることの是非は別問題として)。

で、どうにもお見苦しい、ストレスMAXの記事を投稿せざるを得なかった昨日から一夜明け、どうなったかというと。

今日が引継ぎ最終日の
にぎわい拠点にて

心が折れた、というより、グラグラと煮立っていた怒りが発酵(?)したのか、早くもある種の諦めに変わりつつある現在でございます。

まぁ人生、そんなこともあるよねと。 
環境がこうなら、今から自分ができる/すべきことはこれよねと。
スコンと突き抜けた段階に至ると比較的楽になったりして、昨日の怒りも客観/静観することもできますし、案外前向きに次のステップへと移れたりするもので。



着任2年目を迎えた8月から、協力隊としてのミッションが代わったから?
とご心配の声もいただきましたが、お仕事面では良くも悪くも今のとこ大きな動きはないです。 お気遣いがありがたいなぁ。

てんで本日も、私の後任として駅前にぎわい拠点を基点に大正中心部を盛り上げてくださる新隊員への業務引継ぎも、不貞腐れずにできております。
仕事はするヨ! 

語るほどのものでも

ちなみにこの後任隊員、お菓子作りの腕前が趣味を通り越したレベルだと評判の方でありまして、おすそわけなんかいただいちゃったりして。 ひゃっほー。

ごっちょさん

ちょっと失敗しちゃって......

とか、これで言われたら私の懇親の、いや渾身の一作とかドブネズミも寄って来ないわ。。。しくしく

そんな(どんな?)絶賛バトンタッチ中のにぎわい拠点の午後、神戸からとっても嬉しいお客さんも来てくれました。
といっても、つい4ヶ月ほど前までは大正にいた子なんですけれど。

ありがたく
頂戴します

昨夏から地域のあらゆるイベントでお世話になっている、音楽部FAIRY PITTA JAZZ ORCHESTRAの元メンバーで、この春に大正中学校を卒業したばかりの新高校一年生。
6月だったかしら、にぎわい拠点に突然電話をもらってどうしたのかしらんと思ったら、夏休みに帰った際に学校の課題の「職業インタビュー」がしたいから協力してもらえませんか、とのことで、さらにビックリしました。

えええ。私なんかで大丈夫かいな。
と不安もある反面、わずか半年ほどの付き合いながら、地元を離れた後でも「ちょっと話を聞いてみたいなぁ」と思ってもらえるような存在になれていたのなら、協力隊としての役目も果たせたような気もしたり。

ただ、実際にあれこれ聞かれたら答えにつまるような質問もあったりしてヒヤヒヤ、カッコ悪いところばかりでしたから、ガッカリされたかもしれませんが、いつでもどこでも等身大がポリシーですので。

お土産も持ってきてくれ、帰りもきちんとあいさつして帰ってくれた彼女に最後に伝えたのは、「なんかあちこちで【けつまづいて】いるけれど、意外としぶとく生きているから、これからぶちあたる大抵のことは大丈夫だと思う、という趣旨。

半分以上は自分に言い聞かせるようにして。

てんで、本日の高知ことば【けつまげる】は【つまずく】という意味で使われる幡多弁です。
 例)きにょうばあちゃんが庭先で【けつまげて】、骨折してなぁ。

ほんじゃーに。
たっちー

たっちー

高知県四万十町

2016年8月より四万十町地域おこし協力隊に着任した、文系院卒の元日本語教師(28歳・独身・女)。前職の経験を生かし、「子ども」や「学校」をキーワードとしたイベントの企画・運営に奮闘する。 また着任以降、「高知ことば」を一記事につき一語取り上げながら、日々の活動を綴るブログを毎日更新中。四万十の人と自然、文化をより広く発信せよ! とのミッションのもと、2017年1月より「田舎の暮らし方」ブログの執筆を担当。 過去の投稿はこちら「日本語教師の高知ほうろうき」http://taccis.blogspot.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

高知県四万十町(しまんとちょう)の移住ブログ