岩手県葛巻町からのお知らせ くずまき暮らし体験ツアー募集中です!

蔓のランプシェードWS~くずまきクラフト市2018始動~

先日、久しぶりに森の匠の元で、蔓細工をさせていただいた。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、屋外、自然

使ったのは「クマヤナギ」という蔓。この辺だと、トウヅラなどと呼ぶそう。匠は子供のころは、弓矢の弦にして遊んだそうで、とても弾力があるとのこと。黒い実がなり、学校に行く道すがら食べながら行くと、学校で先生に「何食べてそんなに口黒くしてきた」と言われたそうです。あまりないちょっとした高級な材でのWSとなりました。

企画は、昨年秋にクラフトイベントを開催させていただいた「くずまきクラフト市実行委員会」でした。これから少しずつ、手仕事を体験できるWSを開催しながら、クラフト市を繋いでいこうということになり。まず第1弾として、秋にも出店していただいた安孫子自然塾の匠にお願いしたのでした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

2回目のメンバーが多かったものの、材が変わればまた違い。匠の手は、魔法が使えるに違いない、と言いたくなるほど、全くうまくいかない。ご覧の通り、ボールに蔓を巻き付けていくのだが、そもそも肝心な1本目が巻けないまま、1時間半経過・・・やっと1本巻けるか!と気を抜いたら、あれよあれよと緩む蔓。あ~!せっかくの1本が~!!あ~!になる~!!!などと叫びながら、嘆きながら。終いには、割れるボール(笑)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

それでもお昼を挟みながら、なんとかかんとか蔓も安定し、ボールの空気を抜いて、ますます蔓をくぐし、仕上げ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

地域おこし協力隊であり、移住仲間のTちゃんも参加してくれて「諦めないでよかったー!!!」という感動を体現してくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

文章にすると簡単ですが、これが本当に、ちゃんと形になるのかという不安にさいなまれる時間で。。。だからこそ、形になったものを眺めて、心底安心と喜びが湧くのである。

自動代替テキストはありません。

ほら、シェードにのなってるでしょ?(笑)

せっかくの「手仕事」作品ですから、これは今期のくずまきクラフト市の会場で装飾に使わせていただきます。見つけたら、「これね!」と思っていただけたら嬉しい。そんな深い手仕事のWSをこれからちょこちょこと回を重ねていこうかな、と。

そして今年も。

くずまきクラフト市の開催が決定!くずまきクラフト市2018は、春と秋2回開催となります。エリア拡大と回数増を叶え、私たちらしいイベントをますます楽しみながら創り上げて参ります。いよいよ始動。お楽しみは、これから。

どこかのどなたかが読んでくださっているはずのこのブログでも、遠く離れたところからわくわくを共有できますように、イベント紹介するべくブログ更新、頑張る・・・(笑)

snow_penguin

snow_penguin

岩手県葛巻町

「自然の中で子どもを育てる」 その想いを胸に 家族5人の住処を探して 葛巻に移り住んだのが2013年。 あれから5年弱、 家族は6人に増えて にぎやかに毎日過ごしています。 私たちが望んだ自然に囲まれ 暖かな地域に見守られながら 時には悩みながら 未来ある大好きな葛巻で私たちらしく暮らす日々を 綴っていこうと思います。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県葛巻町(くずまきまち)の移住ブログ