岩手県葛巻町からのお知らせ くずまき暮らし体験ツアー募集中です!

3月の色遊び

冬は、ぐっと息をつめているかのように、力が入りながら過ごしていたことを、春の光を感じ始めた時に初めて気づいたりする。深呼吸できるようになるような、それに似た感覚で。同時に生花のエネルギーがほしくなったりするし、私が色をたくさん浴びたくなってしまう。

そんなわけで、久しぶりに絵の具を出してきて、ぬらし絵をした。ぼーーーーーーーーーっと。ただただ色の混ざりを感じながら。

自動代替テキストはありません。

色の3原色「赤・青・黄」だけで、色を生み出すぬらし絵は、上手い下手とか、なにか作品を作るということが目的ではなく。ただ単に「色の体験」。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

シュタイナー教育で出会ったこのぬらし絵は、子どもの色体験、色遊びにもとてもいい。3原色だけなのに、生まれる色は子供によって、またその時々によって、まったく同じものはない。「あれ~、○○と△△の色、同じにならないね~」なんて呟きながら、何度も色を重ねては生まれ、変化していく目の前の世界に没頭している。その没頭の仕方と言ったら、とても深い。呼んでも聞こえない子もいれば、常にわ~わ~と感動の言葉をはいていたりする。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

間違いもないし、そもそも出来上がった後の絵にも意味はない。ただその色を感じまくって体験したその時の感覚だけに意味がある。そんなわけだから、我が家のお姉ちゃんたちは、乾いた絵をメッセージカードや名刺なんかに作り替えちゃう。夏の森林愛護少年団のキャンプで自己紹介に使う名刺作りに活用するのだそうだ。

絵を描くことがあまり好きでない母も、これだけは無になってできる。筆と絵の具、じゃなく、私と色、の関係性で。この日は、なんだか泣けるな~なんて不思議に思いながら、最後に出来上がった林檎のような、蝶々のようなものに癒されて、笑顔で終われて一安心。

自動代替テキストはありません。

そんな、色遊びが楽しくなっていく季節。

snow_penguin

snow_penguin

岩手県葛巻町

「自然の中で子どもを育てる」 その想いを胸に 家族5人の住処を探して 葛巻に移り住んだのが2013年。 あれから5年弱、 家族は6人に増えて にぎやかに毎日過ごしています。 私たちが望んだ自然に囲まれ 暖かな地域に見守られながら 時には悩みながら 未来ある大好きな葛巻で私たちらしく暮らす日々を 綴っていこうと思います。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県葛巻町(くずまきまち)の移住ブログ