岩手県葛巻町からのお知らせ 第2回くずまき暮らし体験ツアー【民泊】

くずまきクラフト市2017~その2~

このイベントの開催者である「くずまきクラフト市2017実行委員会」は、この町に根差して暮らす、30代40代の6名の「女性有志」でした。

手仕事をすればするほど、感じていたことがありました。それは「女は生み出す生き物だ」ということ。それは子どもに限らず、あらゆるものを創造できる生き物なのだなと。実際に、パワフルにモノやコトを創り出す女性にこの町で出会っていく中で、夢は一人で叶えるものじゃないなぁと思うようになりました。

そして、夏「是非一緒にやらせていただきたいのです!」とお声がけさせていただいた皆様と、実行委員会の結成。秋まで準備時間も少ない中なのに、それぞれの得意分野で出来ることを、それぞれに進めていって、ちゃんと当日形になっているという驚き・・・私は、一人ばたばたしていただけだったように思います。。。

また、メンバーみんな町や近隣市町村でのネットワークがとても強く、これならこっち!あれならこっち!と、周囲の協力体制もがんがん整えていく。気づけば応援者に囲まれ、ますます私たちはやりたいことに専念できる体制が固まっていったのです。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

なおさらに、やっぱり私一人で叶えていくなんて無謀だったんだなと自覚。やってみたからこその気づきです。やっぱり地元に根差してなんぼなんです。応援してもらってなんぼなんです。(大きな声で言いたい)よそ者のスタンスの取り方を、改めて見直すことができました。

自動代替テキストはありません。

さて、私たち実行委員会メンバーは、やはりみんな手を動かすことが好きで。そんな中、経費もかけずに、しかしながら満足度と手作り感を満載にしたい、との想いから色んな装飾やグッズの手作りに挑戦しました。初回ながら、こだわって頑張りましたよ。まずは、チラシ作りからスタートだったな。完全手書きのカラーチラシ。手元に届いたときの感動と、さぁ始まるぞ、の静かなワクワク感はきっと一生忘れない。

自動代替テキストはありません。

上の写真は、完全手作りのタペストリー。ロゴを、チラシも作っていただいたデザイン担当のメンバーに作ってもらって、染めはベンガラ染め。恐怖の失敗できない一発勝負!(笑)

自動代替テキストはありません。

そのロゴで、記念バッチを作って下さったのが保育士さんメンバー。園でバッチを作ったのがきっかけで、イベント用にも適用してくださいました。これが、作家さんにも喜んでいただけて、後日別の会場で付けてくださってをいるのを目撃!

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、室内

おなじくベンガラ染で作ったガーラントは、会場外も中も色を添えてくれました。自然な色が、町屋に合っていました。

自動代替テキストはありません。

写真上から2番目のネームプレートは、会計含め事務的な細かい仕事で私たちの作業をサポートしてくれたお姉さまメンバーの手作り。管理すべきところをしっかり押さえてくださっていたことが、実際に動く私たちにはとても心強かったのです。そんなお姉さま、お花の師範ももっていらっしゃって、会場にも植物を行けてくださったのです。

自動代替テキストはありません。

当日は、黒板WSを実行委員会から企画させていただきました。黒板塗料を塗った町産材に、ほぼ町内で集められた木の実たちを飾るというWS。素材を自由に選べるのが興奮するくらい嬉しい!と大好評だったこのWSの準備をしてくれたのは、私たちのDIY女子、もう一人の保育士さんメンバー。会場入り口の大きな黒い黒板も作ってくれたのですが、普段の仕事で培った経験を思う存分生かしてくださっての準備には、メンバー一同脱帽。。。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、食べ物

今回の出店者さんは、初回にも関わらず22組。こんなにもたくさんの作家さんにご協力をいただけたこと、本当に本当に感謝です。葛巻でやります!と声を上げた時に、「待ってたよ!」とすぐに参加を決めてくださった作家のみなさん。ただただ好きで一緒にイベント巡りをしていたころから、作家さんと仲良くなるのがとっても上手だった(笑)広報担当メンバーの彼女が、声かけに尽力してくださったことも、この規模で出来た要因でした。

自動代替テキストはありません。

「ご縁」以外の何物でもなく、私はただただ恵まれていたにすぎず。出なければ、こんなよそ者が、こんなイベントにたどり着けない。5年間で、こんなにも素敵な町の女性たちとつながれたことに感謝する以外にないのです。

すごいんです、葛巻の女性。メンバーも、作家さんもみな、スイッチ一つで、爆発的に創造してしまう女性たちの住む町だったんだと。ただただ、とにかくただただ、ここに来てよかったな、みんなと出会えてよかったな、そう思う。驚きと感動と共に。

今でも、ふと思う。夢、だったかな?と、でも、この続きは必ず春へ。一歩一歩、次なる準備へと進んでいきます。やっぱり、私たち女性の創造力で。

snow_penguin

snow_penguin

岩手県葛巻町

「自然の中で子どもを育てる」 その想いを胸に 家族5人の住処を探して 葛巻に移り住んだのが2013年。 あれから5年弱、 家族は6人に増えて にぎやかに毎日過ごしています。 私たちが望んだ自然に囲まれ 暖かな地域に見守られながら 時には悩みながら 未来ある大好きな葛巻で私たちらしく暮らす日々を 綴っていこうと思います。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県葛巻町(くずまきまち)の移住ブログ