岩手県葛巻町からのお知らせ 第2回くずまき暮らし体験ツアー【民泊】

くずまきクラフト市2017~その1~

移住から5年目を迎えた今年が、私にとってたぶん後にも先にも最も激動激変の年だったと、振り返るたびに思うでしょう。

どこからお話したらいいのか、もうわからないくらいに夢中になった3か月弱でした。だから、とっても簡単に書いてみようと思います。

7月に急遽結成された実行委員会は、「ただただ自分たちの好きなこと、好きな世界を、私たちらしく、この町の中で楽しみ切る」ことだけに浸りきって、当日を迎えました。今でもふと、夢だったのではないかと思ってしまうこともあるくらいに、その時間はとても充実していて、色々あったはずなのにすべてが愉しくて、ただただわくわくしていたのです。

10月7.8日、葛巻町のまちなかにある旧遠藤邸にて、私たちは「くずまきクラフト市」を初開催しました。

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外

岩手県北の手仕事・クラフト作家の方々に出店していただいてのクラフトイベント。個人的に作家もどきとして、いろんな場所でイベント出店して歩いた2~3年がありました。色々歩くのも楽しいけれど、これを自分の住む葛巻で開催できたならどんなにか嬉しいだろう、この楽しさを町の人たちと共有できたらどんなにか幸せだろう、と考え続けてきました。

タイミングを待ち続けた時間。長かったような、短かったような。でも、叶うときは本当にあっという間で、びっくりするほどにさっと手仕事好きメンバーが集まり、さっと計画が進み、突き動かされるままに動きまくって、当日を迎えた。そんなあっけないような、感じでした。

どこか、半信半疑のまま迎えた当日は、同じ場所だとは思えないほどにお客様で賑わいました。初めてなのに、ここまでたくさんの方々が足を運んできてくださったことが、驚きでしかありませんでした。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、靴画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内、食べ物画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、寝室、室内画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、室内

全ては載せきれません。

大人も子供も、年代も超えて、心地よく集ってくれました。

画像に含まれている可能性があるもの:立ってる(複数の人)、植物、花

フードも。くずまき高原牛のローストビーフ、とっても好評でした。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、食べ物、室内

北岩手の手仕事文化は、冬の寒さや雪深さ故、とても根強く。その精神みたいなものは、今もどこか受け継がれているように感じてきました。私自身は、基本作り手よりは伝え手なのですが、手仕事の奥深さを体感すればするほどに、広く楽しく共有できる場を、この葛巻でも作ることができたのは、本当に嬉しいことで。県南のイベントともまた雰囲気が違う様子となったとのお言葉もいただきました。それゆえ、県北にこだわってよかったなと、しみじみ思うのです。

そして、ここ葛巻からも、みなさま忙しい中、作家さんに出店していただけました。それが、今回の何よりの私たちの大成功なのです。

自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、食べ物、室内

snow_penguin

snow_penguin

岩手県葛巻町

「自然の中で子どもを育てる」 その想いを胸に 家族5人の住処を探して 葛巻に移り住んだのが2013年。 あれから5年弱、 家族は6人に増えて にぎやかに毎日過ごしています。 私たちが望んだ自然に囲まれ 暖かな地域に見守られながら 時には悩みながら 未来ある大好きな葛巻で私たちらしく暮らす日々を 綴っていこうと思います。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県葛巻町(くずまきまち)の移住ブログ