岩手県葛巻町からのお知らせ 第2回くずまき暮らし体験ツアー【民泊】

蔓のかご編み

町に、山好き手仕事好きな仲間がおりまして。

彼女主催での蔓かご編みWSに参加してまいりました。

講師はやはり町に住む、山の匠の「外久保蔦雄さん」午前中から山に入って蔓採取から始まったようです。

IMG_20161211_133654.jpg

寒-----い山の中で採ってきた蔓をいただいて、初めての蔓編みですが

今年の春先に初体験した樹皮のかご編みとはまた違って、難しかった!!

びよんびよんとしなるし言うこと聞きにくいし、これは蔓ともっとお友達にならないと・・・

思い通りに作るようになるには、100個は作らないと無理だとおっしゃる蔦雄さん。

せめて、自分の欲しいサイズや形を自作出来たら嬉しいけど、先は遠そう。。。

それでも、基本は分かったので、覚えているうちにいただいてきた蔓で挑戦を続けたいな。

何かにつけやりたがりのお姉ちゃんもやりました。

IMG_20161211_140409.jpg

IMG_20161211_143209.jpg

移住仲間のあっくんも。彼は山に入ったそうです。

私はまた、暖かくなった春先に入ろうかな(笑)

IMG_20161211_150816.jpg

どうにかこうにか完成。途中折れてしまったけれど、なかなかにしなるので、もげそうでもげない。

いびつだけれど、置くとグラグラするけれど、いとおしいかごが出来上がりました。

以前山に入れていただいたとき、木に巻き付く蔓を見て「これ、苦しくないのかなぁ」と呟くと

「だから蔓を取るんだよ。木を護るため。そうして毎年採ってるうちに、もったいないから蔓細工をするようになったんだ」

と話してくださいました。山の材は、棄てるところなく全て使い切れる、と。

そして、壊れたらまた材を採ってきて作る、それが循環、と。

これが何よりの環境教育、と痛感したものです。

教わりたいことがまだまだあります。大切にしたいご縁です。

IMG_20161211_153602.jpg

ところで、この日一番の衝撃。

蔓かご編みをしたセンターのスリッパが、すべて裂き織りだったってこと。

かつてこの地域の婦人会で裂き織りをしていたそうで、機織りが3台もありました。

またここでやりたいね、と喜び合ったNちゃん、

今回も丁寧に教えてくださった蔦雄さん、企画ありがとうございました。

IMG_20161211_153343.jpg

この日蔓編みが終わると、外は手仕事日和なもっふもふの雪景色

なーぜかなぜか、気づくと子供たちは駐車場の雪かきをしていたのでした。

snow_penguin

snow_penguin

岩手県葛巻町

「自然の中で子どもを育てる」 その想いを胸に 家族5人の住処を探して 葛巻に移り住んだのが2013年。 あれから5年弱、 家族は6人に増えて にぎやかに毎日過ごしています。 私たちが望んだ自然に囲まれ 暖かな地域に見守られながら 時には悩みながら 未来ある大好きな葛巻で私たちらしく暮らす日々を 綴っていこうと思います。

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県葛巻町(くずまきまち)の移住ブログ