隊員に着任して初めての洋野エモーション

【洋野エモーションin有家海岸】

洋野エモーションin有家海岸

こんにちは。4月から洋野町地域おこし協力隊員として「おおのキャンパス」総括マネージャーに着任しましたフジサワです。観光で毎年訪れるほど大好きな岩手県沿岸部に千葉県から移住してきました!洋野町の皆さんに温かく迎え入れていただき感謝!感謝!の毎日です。これからも何卒よろしくお願いいたします。

5月13日、取材と観光PR業務の外回りの合間をぬって「洋野エモーション」に参加してきました!こちらは洋野町の皆さんには大変おなじみなのですが、初耳の方のために(僭越ながら)簡単にご紹介を。

洋野エモーションin有家海岸

JR東日本で運行しているレストラン列車「TOHOKU EMOTION」(東北エモーション)。八戸線の海岸線の絶景を走るとても魅力的な列車にご乗車いただくお客さまを洋野町民が歓迎しようということでスタートしました。いくつかの海岸線のポイントで旗を振ってお出迎えするという至ってシンプル。しかもJRさまの粋な計らいで減速してくれるので、乗車しているお客さまとFace to Faceできるというとても素敵な取り組み、それが名付けて「洋野エモーション」です!

洋野エモーションin有家海岸

洋野エモーションin有家海岸

私、実は3月に引っ越してきた直後に一度経験しましたが、運行日(主に金~月曜日)がお仕事のため、その後なかなか参加できませんでした。しかし今回あえて有家(うげ)海岸通過予定の12時20分頃に合わせて馳せ参じました。

洋野エモーションin有家海岸

旗を振ってお出迎え。

洋野エモーションin有家海岸

列車との距離がホントに近いです。

洋野エモーションin有家海岸

追いかけて、追いかけて...

洋野エモーションin有家海岸

地元のお母さんたちの旗振り。

洋野エモーションin有家海岸

列車が見えなくなるまで旗&手を振り続けました。

ご乗車になったお客さまにはとても印象に残るシーンになったのではないかと実感しています。私も鉄道での旅行が好きなので、もし列車の窓から眺めたら大感激してしまうと思います。そんなムーブメントをつくっていただいたケイティ先輩や取り組みを続けている地元の皆さんに敬意を表したいと思います。

そしてぜひまた機会をつくって「洋野エモーション」にぜひ参加し続けていきたいと決意を新たにしたところです。以上です!

hironote(ヒロノート) 洋野町地域おこし協力隊

hironote(ヒロノート) 洋野町地域おこし協力隊

岩手県洋野町

岩手県洋野町地域おこし協力隊です。 2018年4月に2人が加わりました。 観光推進員・移住定住推進員・放課後児童クラブコーディネーター・おおのキャンパス総括マネージャー・グリーンツーリズム推進員 の5人が活動中です!

コメント

この投稿者の移住ブログ

岩手県洋野町(ひろのちょう)の移住ブログ