「にんべんのさまにっき」様似町移住体験談 第28回 今回は【前回の補足】 

今回の「にんべんのさまにっき」は、前回の日記で書いた内容の補足を書こうかと思います。友人たちからもう少し説明が必要と言われた3つの内容です。

DMV
まず、ブログを読んだ友人達から一番多く言われたのが、DMVとは何?でした。

DMVとはDual Mode Vehicleの略で、道路と鉄道の両方を走れる車両のことです。非常に便利に思えますが(私も思っていました)、色々と調べてみると鉄道の保安装置への対応や整備拠点、運用コストなど、なかなか難しい課題が多いとの事です。

②関係人口
それと一番心に残ったと書いた『本当の関係人口とは』についても言われました。一番心に残ったと書いた割には内容が薄いと・・・・・。確かにその通りでした。と言うことで私が書くよりも、講演された三田愛さんが関わっているwebページをご覧いただいた方がわかり易いと思うので紹介します。

コクリ!プロジェクト」というwebページになりまして、過去の事例や今回のセミナーでの講演内容UPされています。Webページを拝見すると沢山の方々の努力の結晶で観光振興、地方創生がされたのが感じられます。「案ずるより産むが易し」で、まずは動き出すことが重要と思いつつ、実際に自分がその立場になったら始めることが出来るのかと自問しました。過去に実施された方々は本当に大変な事をされたと思います。尊敬に値する行動力です。

③ダムカード
前回、様似町にある幌満ダムのダムカードを作成し、幌満ダム近くにある水力発電所の見学会や町内でのダムカレーの提供の話しを書きました。それを見た車の免許を持っていない友人が「ダムカード収集ツアーがあればいいのに」とポツリ。ということで、幌満ダムを絡めた妄想ダムカード収集ツアーを考えました。北海道外のお客様用に、そして行程にかかる時間を考慮せずに作った妄想ツアーなので、時間的に回れないかもしれませんがご了承ください。

新千歳空港集合→二風谷ダム→平取ダム→平取和牛の昼食→高見ダム→浦河ダム→浦河町内2つの床固工→様似町内に宿泊→様似ダム→幌満ダム(合わせて水力発電所見学)→様似町内でダムカレーの昼食→札内川ダム→(昔はダムだった)ピョウタンの滝→帯広空港解散と言うコースです。バスの中では、様似町にセメントを採取している会社があるのでその会社の方にセメントの話し(コンクリートが固まる際の水和熱の話しやダム建設時の水和熱対策の話しが面白そうです)やアポイ岳ジオパークガイドの方に話しをしていただけると楽しいツアーになると思います。こちらの話しは飽くまでも妄想ですので、ご笑納ください。

今回のTOP画像は、「アポイ岳のパンフレット」と「記念にいただいたアポイの思いで(重いで)」、「非売品!? アポカンメモ帳」です。色々ととりとめもなく書いてしまいましたが、これからも「にんべんのさまにっき」をよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、「コクリ!プロジェクト」へのリンク許可をいただきました三田愛さんに御礼申し上げます。

北海道様似町 元住民にんべん

北海道様似町 元住民にんべん

北海道様似町

東京都出身。東京都・千葉県・神奈川県で過ごし南の島へ移住。その後、北海道様似町へ移住し、5年間暮らしました。その5年間の様似町での体験談を不定期にお届けします。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

北海道様似町(さまにちょう)の移住ブログ