移住・交流情報ガーデンにいってみた

今日の朝、田舎の暮らし方ブログをみてびっくり!

私が書いた「「移住」って考えるから重いんですよ。  」のアクセスがやたら高いと思ったら、

みんな、もやもやしている話題だったんですね。

そんなわけで本日、あのパンフレットをGETした移住・交流情報ガーデン に行ってきました。

20170318131713-bf94d4c451e2fb9c70f1b9242e0b3535d5f524db.jpg

東京駅八重洲口のすぐ近くで、日本橋からも近いし、アクセスも良し。

だからこの建物にたくさんお客さんが・・と思うでしょう?

でも現実は・・もちろんイベントを開催すると、たくさんお客さんが来る時もあるけど、1時間に3~4人ぐらい。(Sが知っている限りで。平日だけど)

相談員さんが「冬だからなのか、月800人以上は人が来るんですが、前よりは少し・・」と言っていたので、800÷30で、1日26人ほどがここに訪れているみたい。

なんで詳しいかというと、1か月に1回ここで、移住・ちょっと暮らし相談デスク をやっていたから

たとえば、北海道様似町 移住・ちょっと暮らし相談デスク開催中

20170318132856-d0f7f902316410f2e1381145168e1932b0afc783.jpg

外からイベントがやってるのがわかるように、このようにディスプレイしても

これを見て、施設に入ってきたお客さんに「なんのイベントをやっているんですか?」と聞かれて、

Sや相談員さんが「移住・ちょっと暮らし相談デスクといって~」と説明をすると、

「い、移住ごめんなさい興味ないです」と帰られる場合もあって・・

やっぱり「移住」は身近ではない言葉だとSは思う。

また、この施設には

20170318133246-8ccfa355d46e63680f9a84f80495a7e61db4aa48.jpg

20170318133300-5cfb431ca4781c7b2d5cdf8a96e7590e2b51a87a.jpg

20170318133314-e9003ca63d5ef8e4605e33bc869bb28749a44ac6.jpg

全国のパンフレットが・・これぐらい充実しているんだけど、みんな似た内容だと手にとってもらえない感じがあって。

(もう、どこに移住するかと決めている人ならいいんだけど、「南の方がいいな~どこでもいいな~」という人は本当にどこに移住したら良いのか分からない状態)

とりあえず、いろいろなパンフレットを持って帰る方が多いので、こんなキャッチフレーズがあっても良いのかなと思ったの。

そして今日、知ったんだけど、ほんとはこっちが表紙

20170318134458-a77556aef9f65831c7d7d66b8f44b060431b7d7e.jpg

中が、こう。

tirasi.jpg

これがね

20170318141255-0f75a0a7d958642e4264e7ec9781ccaf01f16780.jpg

こう立てて置いてあって、このキャッチフレーズ。

Sはとてもインパクトがあって。たぶん、ほかの人もこの≪キャッチフレーズ≫にインパクトがあって

誰かに見てほしくて、こんな風に立てて置いたんじゃないかな。それにSはある意味、ひっかかった。

(移住交流情報ガーデンはイベント中だったので、戻ってから、自分で立てて写真を撮りました

最後に、「移住」という"かた~い"言葉より、「引っ越し」が良いと思っていたんだけど、

今日、yahooで「田舎 移住」「田舎 引っ越し」両方を検索したら

yahoo.jpg

意外にも「引っ越し」の方が、関連キーワードがネガティブなことが多くて、下の方にもっと

関連キーワードがでてくるんだけど、「うつ」という言葉まで ちょっとびっくり。

だからパンフレットで分からない部分を、この田舎の暮らし方ブログで 

では三連休初日に失礼いたしました

謎の調査員S

謎の調査員S

北海道様似町

様似町に興味を持ち、様似町を研究している謎の調査員(年齢不詳)調査結果をご報告します。

コメント

この投稿者の移住ブログ

北海道様似町(さまにちょう)の移住ブログ