桐生えびす講

毎年11月19~20日は、関東で唯一分霊した西宮神社の例大祭、桐生えびす講が開催されます。夜遅くまで多くの参拝客で活気がみなぎります。
2016年に開催された桐生えびす講のようすを写真で紹介します。

01.jpg

参道

02.jpg

桐生えびす講といえばちんちん焼き(ベビーカステラ)が有名です。
ちんちん焼きの屋台には毎年大行列ができるほど大人気です。

03.jpg

04.jpg

参道を抜け、西宮神社に到着

05.jpg

神社側から見た、参道のようす。ものすごい人です。

06.jpg

07.jpg

西宮神社のシンボルとなっている大銀杏のライトアップ

08.jpg

09.jpg

10.jpg

大小さまざまな熊手が並べられ、買い求める人が押し寄せます。

11.jpg

参拝客は夜通し訪れます。

12.jpg

初日の夜は特に混んでいて、1時間以上並ばなければ参拝できないほどです。

13.jpg

白瀧姫の舞の披露

14.jpg

15.jpg

16.jpg

福まき

17.jpg

「ご利益だよ~!」のかけ声と共に、翌年までの一年分の福が撒かれます。福が飛んで来た地点は激しい争奪戦となり、揉みくちゃにされることもしばしば。

18.jpg

ぬっしー

ぬっしー

群馬県桐生市

2006年4月に桐生市へ移住。住み続けているうちに、桐生市のことが大好きになりました。北海道登別市出身。

コメント

この投稿者の移住ブログ

群馬県桐生市(きりゅうし)の移住ブログ