森のふるさとにて~台風が過ぎて~

台風19号が過ぎて5日ほど経ちました。福島県でも多くの方が被災され、現在も不自由な生活を送ってらっしゃいます。

南相馬市鹿島区では現在(10月18日)も断水が続いています。最新情報はこちら

そんななか、他県の自治体から支援物資が届けられています。本当にありがたいです。私が市内を車で走っていますと、山形市と大阪泉佐野市の給水車を見かけました。遠く岡山県など西日本からも物資が届いているそうです。また、自衛隊の方が、鹿島生涯学習センターに入浴テントを設置してくれたそうです。

南相馬市は、市内の入浴施設に協力してもらい無料入浴を実施しています。また 市民の方や県と協力して 使われなくなった牛越仮設住宅を整備して洗濯機の利用や無料入浴を行っています。

17日夕方に牛越仮設住宅へ行ってみますと、敷地内に湯気が漂って お子さんのはしゃぐ声が聞こえてきました。

しみじみと仮設住宅を開設してもらえてよかったなあと思いました。

開設までに尽力された市職員や業者の方のご苦労を思うと本当に頭が下がります。

この日の日中、私がお世話になっている農家民宿の一つ、「森のふるさと」さんの田んぼが大変なことになっているとお聞きしておうかがいしてきました。

241440C1-3017-4377-8504-05B4D4482646.jpeg

道路の手前側と、道路向こう側右奥の黄金色の田んぼが森さんの田んぼです。

秋晴れの中、注意しながら畦道を下って近づいていきますと、刈り取りを待つばかりの稲は風雨でなぎ倒されていました。

稲刈りをするにはまず倒れた稲を起こすところから始めなければならないそうです。・・・森さんはお米を出荷されているので田んぼが広いです。バケツ稲の6株の収穫を行うにも時間がかかった綱は気が遠くなります・・・。

D15C2806-F221-42B7-9B01-09D51A9B4FCE.jpeg

あの暴風雨の中でも 稲穂が稲に残っていることに驚きました。たくましいのですね。

森さん宅出身の苗で育てた 我が家のバケツ稲は華奢な感じで心許なくて台風前に慌てて収穫しました(^^;)

7ACA944C-4890-460A-BCAF-9982486C919A.jpeg

用水路の上流から流れてきたか、暴風に飛ばされてきたか 収穫後の稲から出た藁が大量にひっかかっていました。

この藁も取り除かないと収穫できないそうです。

75A82FAD-CDE1-43AC-8ACB-A787174F92FA.jpeg

森さんの田んぼに藁を運んできたと思われる用水路です。いまだに濁って勢いよく流れています。写真の右から左に流れているのですが、畦道の雑草がびたーっと、右から左に向かって倒れていました。水面から畦道まで高さ1mはあろうかと思います。

E3B5EAEF-278A-4E21-859E-30AE7CBE2BAC.jpeg

道路の向こう側、右奥の田んぼにやってきました。こちらの田んぼも一大事です。なぎ倒された稲の上に、多量の藁が山になっています。取り除くにも、捨てる場所がないのだと 困ってらっしゃいました。

1ACE88DC-CBFA-43D6-9D11-C77B8554ABFD.jpeg

この上流にまだ田んぼがあって、そちらは更に藁が多量に山になっているのだそうです。

「断水してて不便だから無理しないでと伝えたけど、知り合いで常連さんのボランティアの方が6名ほど来てくれる。本当にありがたい」と森夫妻は言っていました。

ボランティアを募るお手伝いをしますか?とお聞きすると、

断水もしているし、対応しきれないのでボランティアは募らないとのことでした。

なんとか倒れずに踏ん張っている稲を撮影しました。なんとも健気でたくましく 美しく見えました。

驚いたのは、その実り方です。1本の茎から密集して穂が実っていて籾の中はパンパンに詰まっています。

26012C17-BBF7-4236-9603-22738582DD9F.jpeg 282FBBFE-DA6F-4219-A6CA-721745E8FE08.jpeg

下の写真が、ツナのバケツ稲なのですが、密集具合と籾の膨らみ具合が違うのがわかります。

DF60ACD8-3F40-4CAE-B779-795081B9E42C.jpeg

さすがは、お米農家さんだと感激、感嘆しました。森さんにお伝えすると

「ちゃんと稲穂の確認もしてきたの、感心感心」と笑ってらっしゃいました。

18日夜から明日にかけて 南相馬市も大雨の予報が出ています。これ以上被害が拡大しないとよいのですが。

急に寒くなりましたのでみなさんもどうぞ ご自愛ください。

綱 真奈美

綱 真奈美

福島県南相馬市

鳥取県出身のツナです。農家のお父さん、お母さんが営む「農家民宿」をみなさんにもっと知っていただくために南相馬市にやって参りました!気が付いたらそっと『ミス農家民宿』のタスキがかけられていました。南相馬の諸々をツナ目線でお送りしていきます。

コメント


  • *メールアドレスは公開されません

この投稿者の移住ブログ

福島県南相馬市(みなみそうまし)の移住ブログ