新鶴ワイナリー醸造開始!

新鶴ワイナリーでいよいよ醸造開始!

5EDC4805-2899-4627-B2E6-4E2B7A897C61.jpeg

会津美里町の新鶴地域では、来年4月のワイナリーオープンに向けた動きが加速しています。

時間がかかっていた醸造の免許もようやく下りて、冷凍保存していたブドウを急ピッチで醸造しています。

CD4F20B3-EFFA-47A7-A686-3DC720AFD06C.jpeg

醸造している種類は、ベリーA、スチューベン、シャルドネが単独でいっぱい作っています。

混合では、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルロー、ベリーアリカント、ピノノワール、ピノグリを

混ぜたものを作っています。

ひとつのタンクでなんと約1600本程度が作ることができるときいて驚き!

5e72e9cee7c7d861e0c05343c3c9033f90996669.jpeg

もともと、町の遊休施設だった「ふれあい館」を地域おこし団体「会津コシェル」に貸与して、内装はほぼ完成し、

現在は外壁を綺麗にすべく、断熱材を入れています。

屋内には、ワインを飲みながら音楽イベントなども開くことができるようにステージがあったり、

醸造施設を眺めながら飲める中2階のスペースなどもあります。

49FA0830-10AE-49FB-B890-9A1FF1783845.jpeg F0F33140-59F4-41E0-BAF2-582DD7235139.jpeg

また、机などはアンティークなものがいっぱいで、何か懐かしい、ほっとするようなスペースです。

ワイナリーの周りの畑はそば畑だったのですが、来春からはぶどう畑にするために植樹作業を行います。

畑を回って醸造施設も見学しながら、ワインを購入していただけるようなそんな施設になればなあと願っています。

福島県会津美里町

この投稿者の移住ブログ

福島県会津美里町(あいづみさとまち)の移住ブログ