2018年の初午!!

今日、2018年2月7日は2月最初の『午』の日です。 町内各地のお稲荷様には、多くの昇旗がたっています。

初午は豊作(五穀豊穣)を祈る農村のお祭りです。 商家では商売繁盛を祈願するお祭りになりました。

農村部のみならず、街中においても商人の家では商売繁盛を願って稲荷信仰をする場合があります。

IMG_1808.JPG

初午の由来は、711年に京都の伏見稲荷の神様が、初午の日、(2月最初の『牛』の日)に降りてきたのが始まりです。

祭神は宇迦之御魂(ウカノミタマ)の神様で五穀を司る農業神でしたが 時代とともに商家にも稲荷信仰が広まって行きました。

IMG_1810.JPG

現在は新暦で2月最初の『午』 の日となりましたが 

旧暦では約1か月後になりますから、初午は農作業を始める目安となります。

IMG_1812.JPG

町内には、正1位〇〇〇稲荷大明神の昇旗が林立しています。

豊作、子育て、殺生石、・・・稲荷大明神などなど

IMG_1818.JPGお稲荷様を祭る神棚には、お神酒、油揚げ、初午団子、野菜などをお供えしますが 

一つ疑問があります。『午の日』 なのにどうして稲荷神社、油揚げ

IMG_1819.JPG長老にお話を聞くとキツネと稲荷神社の関係は、 キツネが稲荷神の使いとされ、キツネの好物『油揚げ』を

神棚にお供えする。と説明して戴きました。

IMG_1824.JPG

IMG_1827.JPG

IMG_1830.JPG

IMG_1833.JPG

また、酢めしを甘じょぱく味をつけた油揚げに入れ俵のようにしたものを・・・【お稲荷さん】と呼ぶようになった 

とも教えて戴きました。  俵のようにしたのは米俵の意味で五穀豊穣を意味しているそうです。

さらに  この地方で養蚕が盛んであった頃は、初午の団子はカイコ様の繭に見立て、

カイコ様の成長を祈願した。とも

IMG_1835.JPG

『初午』の意味と由来キツネとお稲荷様、カイコ様と初午団子との関係について簡単にまとめてみました。

IMG_1836.JPG

稲荷信仰と結びついて、五穀豊穣、商売繁盛を祈願する。

農作業を始める目安(旧暦では3月初旬)

初午の団子はカイコさまの繭に見立てた。

油揚げはキツネの好物

【お稲荷さん】の由来は神棚にお供えする油揚げが由来。

地域には伝統行事を守りつ続ける人々が沢山いますが

また、残念ながら人口減少により、伝統行事を続けることができなくなっている地区も

数多く見受けられます。

地域の人々の伝統行事を続けられますように・・・

今年も五穀豊穣、商売繁盛でありますように祈願します。 

まちづくり政策課2

まちづくり政策課2

福島県会津美里町

コメント

この投稿者の移住ブログ

福島県会津美里町(あいづみさとまち)の移住ブログ