伝統行事・・・塞ノ神

晴天の日、雪の積もっている田んぼに稲わらと竹筒が散らばっています。

しばらく様子を見ていると、子供達や保護者のみんなが稲わらと竹筒を杉の柱を中心に

周りに積み重ね、三角形にまとめています。

そうなんです。

この地区に伝わる 伝統行事  塞ノ神のご神体 』です。

P1040269.JPG

家々を回り、しめ縄・年神様・正月飾りを一か所に集めてお焚き上げを行います。

P1040277.JPG

この火にあたると風邪をひかないとか・・・一年間健康で過ごせるとか・・・諸説ありますが・・・

各地に伝わる伝統行事です。

P1040281.JPG

いよいよ 『 塞ノ神 』の開始です。 

P1040300.JPG

代表による祝詞の後

いよいよ点火

今年の年男年女のひとが点火役です。・・・

周辺りには甘酒、お神酒、お護符など    地元の人による夜間出店が軒を並べています。

P1040301.JPG

上手く火が付いたようです。

P1040304.JPG

塞ノ神の周りには大勢の人が集まり、今年の家内安全と無病息災を祈願しています。

P1040305.JPG

自宅からこの日のために作ったスルメ焼きの道具を持ち出し熱い中スルメを焼いています。

P1040315.JPG

お神酒で乾杯する人や

P1040317.JPG

焼きあがったスルメを肴にお神酒を飲む人など様々です。

P1040319.JPG

だんだん大勢の人が集まり、人の輪が広がっています。

P1040313.JPG

女性の方がスルメを焼き家に持ち帰ろうとしています。

P1040321.JPG

こちらはどうやら鏡餅のようです。

P1040325.JPG

僅か1時間前後の催しですが地区の伝統行事は後継者に引き継いで行かなければ

と思います。

子供が少なくなり、参加する人が減少する中、塞ノ神を毎年行うのは大変です。

地域の伝統行事・・・塞ノ神が毎年恒例になりますように・・・地区の人たちで継承して行きます。

P1040340.JPG

火が消えて今年の塞ノ神は終了です。  今年も皆さん健康でありますように  

P1040343.JPG

 星空の下足元をふらつかせながら我が家に帰って行きます。

 今年も良き1年でありますように願いを込めて  おやすみなさい 

まちづくり政策課2

まちづくり政策課2

福島県会津美里町

コメント

この投稿者の移住ブログ

福島県会津美里町(あいづみさとまち)の移住ブログ