地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

ホワイトオークを求めて行った、ニューヨーク!?

"四代目"材木女子の TOUCH WOOD!Vol.12

見た目に重厚で耐久性の高いナラ材は、古くから日本建築でも愛されてきた。床材や家具などに使用すると、見た目の絶妙な色合いの他、年月を経るごとに味わい深く、美しくなる。そのため古材等のアンティークになる材としても人気が高い。材木屋内でも多くのファンを持つ木材であり、私も自宅の床と家具に、ナラの中でもひと際人気の高いホワイトオークを使っている。

今回の材木女子の旅は、世界一の都会に降り立って、見渡す限り同じ景色の田舎に材木を探しに行くという三泊五日弾丸アメリカツアーだった。その地はニューヨーク。直径一メートルを超える大径のホワイトオークがあるとの情報をキャッチしてから一カ月、ついに一万キロ離れたこの地に着いた。岐阜出身の私にとって「ニューヨーク」は憧れの響きだが、おおよそ縁のない地だと思っていたため、まさか本当に来るとは思わなかった。しかしもちろん摩天楼に大径木があるはずがなく、単に空港がニューヨークだっただけで、ザ・ニューヨークという感じの風景を遠目に見ながら車で素通りしていった。後ろ髪惹かれる気持ちも忘れた頃、景色はすっかり果てしない草原と一本道になっていた。時速百キロ超で走っている感覚も鈍るほどの長時間、同じ風景を眺める。そのうちに寝てしまい、気付いたら手入れされた大きな芝生の庭がある、テレビでよく見るアメリカの住宅街にいた。そこから山道に入り、すぐに原木置き場の土場についた。

原木置き場.jpg

が、なんと誰もいない。事前連絡をしていたのに担当がおらず、連絡すると「勝手に見ていいよ」とのこと。アメリカ式なのか何なのか、いきなりの放置対応に驚いたが、初回面談だから仕方ないと気を取り直して土場の中に進んでいった。アメリカは数日前から雨が続いていて、歩きにくいかもとは聞いていたが、ここまでひどいとは思わなかった。原木土場は、地面というよりちょっと固い沼状態だ。そのぬかるみっぷりは半端なく、歩きにくいどころか一歩一歩慎重に進まなければ靴全体が泥に沈没してしまう状態だった。そりゃ担当者も来ないはずだ。車も偶然SUVだったから良かったものの、セダンだったらタイヤが回っていなかったねと皆でホッとした程だ。同行したメンバー内で唯一女子だった私は(いろいろ助けにくいから)なるべく動かないでくれと釘を刺され、皆が原木の検品をしている間中、少し離れたところで何の役にも立たずボサッと立っているだけだった。しかし岐阜から遠路探しに来た大径木のホワイトオークと、木味の良いたくさんのオークたちに出会えたので、ドロドロの靴のことなんか忘れて、ここまで来てよかったなぁと満足した。

ホワイトオーク.JPG

夜はニューヨークに戻り、現地パートナーが「ニューヨークステーキ」を食べさせてくれるということでワクワクしていたのだが、その場で「近くに原木置き場がもう一か所あるよ!」と言われた。材木屋としては見に行かない訳にはいかない。「行くよ!」と二つ返事をし、午後四時過ぎから向かったところ「近くに」と聞いていたはずが片道三時間かかり、アメリカ式「近く」を理解していなかったことを反省した。しかしそこにもたくさんのオーク原木があり、実りある仕入の旅となったことは間違いなかった。そんな訳で、ニューヨークステーキは道中のペンシルベニアステーキに変わり(茶色い見た目で驚いたが美味しかった!)夜の十二時近くに、ようやく眠らない街ニューヨークに到着した。

アメリカンステーキ&謎の芋のフライ.JPG

プロフィール

プロフresize.jpg吉田香央里(よしだかおり)
古材倉庫 ヤマガタヤ産業株式会社 取締役
1984年岐阜県出身。建材メーカー勤務後、父の材木屋にUターン就職。木に魅せられ、世界中に「木の美しさを伝えたい」と活動中、地方で働くジモト女性「ジモ女」としてNHKに取上げられる。お酒と野球が好きなおっとり系旦那と動物マニアの息子に恵まれ、大好きな木に毎日触れる田舎暮らしを満喫中。

特集