地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

外国材が二十年ぶり高値。時代は国産材へ移る・・・のか!?

"四代目"材木女子の TOUCH WOOD!Vol.9

2018年になり、年初の恒例行事である木材業界の新年互例会に出席した。岐阜の地元密着型商売では景気が良いのか悪いのかイマイチ実感できず、パッとしない気持ちになるのが残念なところだが、世の中は景気が良いのかもっぱら外国材の「値上げ」が話題だった。何やら二十年ぶりの高値らしい、米松である。日本の森のために、日本人だから日本のモノを、という綺麗ごとからではなく、需要に対応するため、いよいよ国産材の出番が本気で来るのか?そんなことを考えながら、国産材の製材工場に行ったときのことを思い出した。

IMG_20160416_160803.jpg

宮崎県の日向灘の海岸沿いを車で走っていた。その後夜中に分かったことだったが、その日はこれから熊本地震の本震が起こる日で、前日の余震を受けて、十五分に一回なる携帯の地震速報に周りの民家の人々も庭で海を見つめていた。海岸横の一本道で緊急地震速報が鳴った時は思わず高台を探したが、あいにく視界の中には見つからずドキドキしたのを覚えている。程なくして工場についた。そもそも岐阜からわざわざ日向まで訪れたのは、私の会社で主に大径木の活用をいろいろと模索しているうちに、飫お肥スギの大径木活用をどうしたら良いかと聞かれ、じゃあ見に行ってみますという軽い流れだった。そう言う訳で今回は家族同伴で特別に許可をもらい、一歳の息子も連れて日本有数の規模の製材工場見学ツアーに参加した。

0626_1.jpg

そこには宮崎県の飫肥スギの原木置き場から、国産材を使った木材や集成材の製造工場、天然乾燥のための置き場、無数の人工乾燥窯、バイオマス発電所まで整備された施設がある。ラインは殆ど全自動で、原木が削られたりひっくり返されたりして製品として出てくる仕組みだ。歩道橋のように機械の上を通る見学ルートは常に震度一くらい揺れていて、余震もまったく気づかない。今思えば、震災という有事でやることが膨大にあるであろう工場が、抱っこ紐状態の母親をよく受け入れてくれたと思う。

0626_2.jpg

飫肥スギは非常に良い木ではあるのだが、乾燥しづらいのが難点である。また飫肥スギに限らず、大径木は柱などの構造材を生産するには使えないらしく、原木置き場の中で「用途未定」らしき置き場に積み上がっていた。国産材の山を守るために国産材を使うということは、使いたいサイズや等級のものだけ買っていてはダメで、現状使い道がない用途の原木も一緒に買わないと山を守ることにならない、という言葉が印象的だった。原木、製材、私たち流通、設計、工務それぞれの立場の人々が意識を持って連携して仕事をしていかないと国産材活用は進まないと実感した。また、国産材を使っていかなければならない理由を、きちんと伝えなければという気持ちになった。

写真 2017-12-12 14 03 06.jpg

熊本地震が起こって一旦は訪問を控えようかと思ったのだが、工場スタッフの方の山や国産材にかける思いや温かいホスピタリティに触れられ、得たものは山ほどあった。そして当初の目的の大径木の活用提案というところだが、銘木好きとして、せっかく大径ならテーブルや家具用にはどうか?と話してみた。すると今年に入って、例の大径木がラフに使える大き目サイズの床材となってDIY賞を受賞したとの知らせを受け、確かにその方が良かったと納得した。

プロフィール

プロフresize.jpg吉田香央里(よしだかおり)
古材倉庫 ヤマガタヤ産業株式会社 取締役
1984年岐阜県出身。建材メーカー勤務後、父の材木屋にUターン就職。木に魅せられ、世界中に「木の美しさを伝えたい」と活動中、地方で働くジモト女性「ジモ女」としてNHKに取上げられる。お酒と野球が好きなおっとり系旦那と動物マニアの息子に恵まれ、大好きな木に毎日触れる田舎暮らしを満喫中。

特集