地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

移住物語Vol.23 長野県 宮越 絵美さん
豊かな農業と伝統芸能が息づく村

JAあいち.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

Vol.23 長野県 宮越 絵美さん

下條村の地域おこし協力隊に赴任して約十ヵ月が経ちました。人生の約半分を大阪で暮らしてきましたが、旅行会社で働きながらさまざまな都道府県を見ているうちに「いつかは地元地域に関わる仕事がしたい」という気持ちになり、以前に旅行で訪れた下條村に移住しようと決めました。

soba0626.jpg

長野県の南側、南信州下條村は名古屋から約一時間半で、今後リニア中央新幹線も開通すると、東京までは四十分・名古屋までは二十分とさらに便利になります。信州はとても広いですが、南信州は比較的雪も少なくとても生活しやすい地域です。農業はりんご・梨・市田柿などの果樹、遊休地を利用したそば栽培も盛んです。

村の伝統芸能として三百年近い歴史のある『下條歌舞伎』も重要無形文化財とされていて、子どもから大人までたくさんの村民の方々が活躍しています。山間にありとても小さな村ですが、私にとっては過ごしやすく、遠くに見る山々の景色はもちろん、窓から見える間近の山は四季を毎日感じることができ、私は大好きです。下條村は、小さいけれど子どもたちからお年寄りまでとっても元気でパワフルな方が多く、みんな「なんにもない村だにいぃ~」と言うけれど、なにより人が面白い!もちろん水や野菜果物なんでも美味しく、会えばみんなニコニコ穏やかで、そんな温かい村の方たちに支えられています。

極楽峠.jpg

現在の私の主な活動は移住・定住促進事業ですが、首都圏の移住イベントや地域行事などにも参加し、インターネットを通じて情報発信をしています。また、映画撮影時やラジオ局での広報全般もおこない、興味を示してくださった方々から直接移住相談を受けたり、一週間無料でご利用いただける、空き家を修繕した「お試し住宅」の運営・整備などもおこなっています。他にも、収穫時期には週末に開催されるイベントで下條産の果樹・野菜を販売したり、グッズ企画製作にも携わり、村民の皆さんと一緒になって村の活性化に繋がる幅広い活動をしています。

婚活支援事業.jpg

今後は、移住した私が毎日楽しく暮らしている様子をもっと発信したり、どの地域でも課題となっている空き家対策についても着手し、村民の皆さんの要望を形にしていけたら...と思っています。都会ではなかなか感じることのできなかった、人と人との繋がりや助け合い、困っていることがあるとすぐに手を差し伸べてくれる村民の皆さんの魅力を発信しながら、下條村のために活動していきたいです。

おおぐて湖.jpg

出典元:ジャパトラ(一般社団法人住まい教育推進協会)

20170117114138-87097db02dfb61b352752eebc719b389b94c3115.png

宮越 絵美氏

長野県長野市→須坂市出身。高校卒業後は大阪での学生生活を経て神戸のインテリアショップでの販売・バイヤーなどを担当。その後、大阪市内の旅行会社で7年間ほど受付業務を担当。旅行会社で全国を見ているうちに「地元のために働きたいという思いに。それからご縁あって下條村へJターン。

下條村ホームページ
https://www.vill-shimojo.jp

下條村インスタグラム
https://www.instagram.com/villshimojo/?hl=ja

特集