地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

三輪自転車「ハンドバイク」
埼玉・朝霞 手でペダルを回す

6_朝霞_時枝_記事内.jpg▲ハンドバイクを製作した宇賀神一弘社長

埼玉県朝霞市の宇賀神溶接工業所が手でペダルを回して乗れる三輪自転車「ハンドバイク」の製造・開発に取り組んでいる。それまで市場にあった競技用モデルや車椅子に装着するモデルとは異なり海外からの問い合わせも多く、町工場から世界に向けてものづくりを発信していく取り組みだ。現在二代目となる宇賀神一弘社長(48)は地元の県立朝霞高校出身。大学卒業後は旅行代理店に勤務した後、28歳で家業である工業所を継いだ。

宇賀神社長は工業所で受注したものを生産するだけではなく、オリジナル製品を開発するため二つのデザイン学校に通った。そしてインテリア製品を企画・製作する自社ブランド「WELDICH」を設立し、精力的に仕事の幅を広げてきた。

2009年12月、工業所のホームページを見た男性が「これだけパイプ曲げの技術があればできるはず」と、自転車の製作を依頼してきた。その男性は自転車事故で脊せき髄ずいを損傷。しかし再び乗って風を感じられるような自転車を作ってほしいと思い、工業所に連絡をとったという。宇賀神社長は、プロダクトデザインの専門家に相談し、自転車製作のプロジェクトチームを発足。図面も何もない状態から試行錯誤を続け、約1年かけて完成させた。男性の希望をかなえようと没頭して取り組み、誰もが楽しく使える新しい乗り物が誕生した。そして、「障害の有無の壁を越えて一緒に楽しむことができる乗り物づくり」をコンセプトに日本初のハンドバイク専門ブランド「HandBike Japan」を設立。ハンドバイクはアミューズメント施設でも利用されるようになった。宇賀神社長はハンドバイク製作をめぐる経緯を振り返りつつ「職人の存在意義を再確認させてもらいました」と話した。【時枝宏幸、写真も】

(有)宇賀神溶接工業所/HandBike Japan
〒351-0033
埼玉県朝霞市浜崎4-14-15
電話 : 048-486-2720
定休日 : 毎週土・日・祝日
営業時間 : 9:00〜17:00
http://handbike.jp/

6_朝霞_時枝.JPG執筆者:時枝 宏幸
埼玉県朝霞市在住
1979年6月6日 川越市生まれ
父が朝霞市に創業した熱処理工場を32歳で継承。商工会青年部部長を歴任し、よさこい市民祭り「彩夏祭」の実行委員を務めるなど地域振興事業にも広く携わっている。
http://www.sinwaht.co.jp/
http://saikasai.com/

特集