地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

有効求人倍率が約2倍。【地方に仕事がない】と思う人は、とりあえずこれを読んでください!

こんにちは。田舎の暮らし方事務局です。

しばしば【地方は仕事がない】【地方は人手不足】という相反する2つの考えが一緒に議論されることがあります。まずはこちらをご覧ください。

施設設備管理(夜勤)
カフェスタッフ
経理事務
レストランサービス
総合事務職
ルート配送・営業
病院事務

こちらは、googleで【ハローワーク 館山 求人】と検索した結果、一番上にきたサイトをクリックしたときに出てきた求人の一覧です。ご覧いただいてわかる通り、少しみただけでも様々な職種で求人の募集があることがわかりますね。【有効求人倍率は2倍】と聞いて【どうせたいした仕事はないんでしょ】と関心すら示さない人は、それだけで損をしているかもしれません。

次に、条件面をみてみましょう。比較的目立つのは、月給で160,000~190,000円の金額帯。これを、都心部で働いている方が今の月給と比べたら、おそらく下がるケースが多いと思います。私自身もこれだと(少しですが)下がります。そこで、収入だけではなく支出にも目を向けることにします。仮に現在の住宅ローンの返済(あるいは家賃)が月に10万だとすると、これが5万になるだけで収支はかなり改善しませんか。あとは具体的に家族の状況、自治体の手当て、家庭ごとの支出など細かくみていくことで、移住の検討はグっと前進しますね。

机上の計算と家庭内での協議がある程度まとまってきたら、こういった求人情報にドンドンエントリーをしていきましょう。これまでの自身のキャリア・経験を武器に、それらをうまくいかせる求人を探し、しっかりと履歴書・職務経歴書を準備することが大切です。くれぐれも【人手不足で困ってるんだから、簡単に採用されるでしょ】というような勘違いはいけません。転職活動には真摯に向き合いましょう。専門の相談員に相談をするのも有効です。

この求人情報を探す際には、インターネットで検索するほか、各種イベントに参加するのも一つの方法です。よく大きなホールなどで開催される何百社も集まるような転職イベントとは違い、地域を限定したイベントになるので、採用する側が求める人材像や、採用される側からの質問など、かなり現実味のあるイベントになっています。

こうしたイベントの開催も含む【移住と就職を連携させた支援】という点で、館山公共職業安定所は厚生労働省からの表彰も受けていて、館山市、南房総市、鴨川市、鋸南町の3市1町合同の企業説明会を実施しています。(今回で3回目)


南房総イベント2.jpg

日時:平成29年10月27日(金)13:30~16:00
会場:東京新卒応援ハローワーク「出会いのフロア」
対象者:南房総地域のお仕事を探している方、移住を考えている方
参加定員:100名程度(申込制。当日会場にて参加申込もOK)
参加費:無料
申込方法:申込書をメール・FAXまたは郵送。
(当日申込は会場の受付でできます。)
参加企業:24社(詳しくはこちら)
※この事業は雇用保険受給中の就職活動実績として認められます。


企業説明会ではありますが、移住を支援するNPO法人も主催者として参加しますので、移住相談もあわせてできます!南房総エリアへの移住を検討されている方はもちろん、地域は決まっていないけど移住の検討を具体的に前に進めたいような方は、ぜひ参加してみてください!人生を大きく変えるかもしれない出会いが待っているかもしれませんよ。

特集