地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

移住して農業を始めたい方必見!【農業法人に就職する】という選択肢。

こんにちは。田舎の暮らし方事務局です。

具体的な仕事の探し方について、前回は一般職のケースをご案内させていただきました。今回は【農業編】です。ただ、就農については多少の基礎知識も必要だと思うので、順を追って説明していきますね。

家族日本人3.jpg

~就農には2つのパターンがある~

まず、漠然と「農業をやりたい」と思っている方は、どのような方法で始めたいのかを考えてみてください。

・独立自営就農
自らが経営者になり、何を育てるか、どのように販売していくかを自由に考えることができます。「こんな農業をしたい」という理想を実現するには適しているスタイルですが、その反面、資金や農地・機械なども自分で確保していく必要があります。情報の収集や技術の習得などの支援は、各地域の自治体の農業担当のセクションやJAなどが行っているケースが多いようです。

・雇用就農
もう一つの方法は、農業法人に就職するという方法です。組織の一員として農業に携わることができるため、従業員として給料がもらえたり、働きながら技術を習得できるというメリットがありますが、一方で「自分のやりたい農業」が必ずしもできるとは限りません。まずは農業法人へ就職し、技術や生活を安定させた後に独立自営就農される方もいます。

メリットとデメリットを勘案し、自分のやりたいことと現実をしっかり見つめた上で、適した方法を選んでくださいね!

iStock_68669007_MEDIUM.jpg

~農業への就きかた~

次に、具体的な手順についてみていきましょう。

・独立自営就農の場合
どのような作物をつくりたいのか、どの程度の規模でつくりたいのか、適した土地はどこなのかなど、まずは入念に情報を収集します。次に、農業の専門知識や技術を習得するため、農業大学校や県内の研修施設または、地域の先進的な農業者のもとで研修を行うといった方法があります。その間に資金の工面、生活基盤の確保を並行して進め、機械や施設、農地などが確保できて、就農です。。

・雇用就農の場合
まずは求人サイトなどで情報を収集します。ハローワークや人材紹介会社のほか、県が運営する就農専用のサイトもあります。例えば、福岡県では、「福岡で農活!農業就職応援サイト https://f-noukatsu.jp/ 」というサイトがあります。サイトに、ご自身の求職情報を登録された後、自分の希望に沿った就職先を選びエントリーしたら、就職先へ面接を受ける前に県の担当者と、自分は農業に向いているのか、また勤務条件などの確認をしっかりと行うことができます。面談後、就職先との面接に合格したら雇用就農開始です。

~もう1度【就農】について考える~

ここまで全体の流れを把握したところで、もう一度自分の胸に手を当てて考えてみてください。あなたは本当に農業に就くことができますか?会社員のままの感覚だと「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。先ほどご紹介した「福岡で農活!農業就職応援サイト」では、雇用就農における【心構えのチェックリスト】がありますので、ぜひ一度ご覧いただくと良いと思います。

https://f-noukatsu.jp/about/

ある程度地域を絞り込めば、その地域によっては営農から生活関連までワンストップで相談できる体制をとっている自治体もありますので、相談されてはどうでしょうか。自分でじっくり検討することも大事なのでそこは時間をかけてもいいのですが、もう一歩先に進むためにまずはJA,先輩の農家さんなどへ相談されたり、地域で開催される就農相談会に参加するのもおすすめです。

特集