地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

坂本龍馬のふるさとの高知県で、
ふるさとワーキングホリデーを体験する

こんにちは。田舎の暮らし方編集部です。

地方に目を向けるきっかけって、最近では外的な要因も多いと思うのです。テレビでも地方にスポットを当てる番組が増えたり、地方で活躍している人の話がSNSで取り上げられたりと、自然に情報が入ってくる時代になりましたよね。【ふるさとワーキングホリデー】もそんな外的な要因の一つではないでしょうか。

・都市部に住む若い方が、地方で(数週間から1ヶ月程度)働きながら地域の方々と交流し、生活をすることを通して、旅行では味わえない地方を丸ごと体感してもらう。

若者が地方に目を向けるきっかけとして総務省が推進している事業で、今年度は15道府県が対象となっています。将来的に地方での生活を具体的に描いている方はもちろん、「田舎ってどうなの?」と少しでも地方に関心のある方や、都心部での生活に疑問を感じている方には、地方でのリアルな生活を働きながら体験できる良い機会です。

「良い機会」と言いましたが、この機会を良いものにするかどうかは参加者自身にかかっています。何も考えず与えられた仕事だけをこなし、与えられた場での交流だけをするなら、ただの住み込みのアルバイトと大差はありません(それでも十分に楽しい体験ではありますが)。地方の現状を自らの視点で見つめ直し、良い面・悪い面を改めて認識し、人々との交流を通じて地域が抱えている課題を掘り起こし、そこに自分がどのように貢献していけるか、そういった意識を持つことでこのふるさとワーキングホリデーによって得られるものに差がついてきます。また、そうした意識を持って過ごした1ヶ月間の経験値は、就職活動の場でも胸を張ってアピールできるでしょう。

FotoJet (5).jpg

さて、全国15道府県で実施されるふるさとワーキングホリデー、今回は高知県の説明会にお伺いしました。高知県といえば、総務省が発表した移住相談件数でも人気の地域のひとつ。食、自然、人柄の良さと、1ヶ月では味わいきれない魅力がたくさん詰まっています。そんな高知の魅力を、ほっとこうち編集長の下村三和さんが語ってくれました。

  1. 【食の魅力】有名なカツオのみならず、サバ、金目鯛、新子、鮎と、海から川まで豊富な魚を味わうことができるのが高知県。土佐あかうし・四万十ポーク・はちきん地鶏に代表されるお肉だって負けていません。さらに、女性にはたまらない高知野菜もオススメ!日高村のオムライス街道、四万十町の四万十ポーク丼街道、いの町のいの生姜焼き街道と、地域でグルメに取り組む地域もあります。
  2. 【自然の魅力】スキューバダイビング、サーフィン、シーカヤックなどの海のアクティビティ、トレッキングや森林セラピーなどの山のアクティビティ、そしてラフティングやカヌーなどの川のアクティビティと、自然をいかしたレジャースポットが満載です。都会では味わえないダイナミックな遊びを楽しんでみてください。
  3. 【人の魅力】高知には、好きが高じて高知に恋した移住者もたくさんいます!誰に聞いても口を揃えて「高知は人が良い」と言うのには、理由があるはず。ぜひ現地で地元の方々の温かさに触れてみてください。

次に、ワーホリ応援ナビゲーターの山下耀子さんも高知の魅力をご紹介してくれました。山下さんは、ミスキャンパス高知大学にも選ばれた現役の大学生であり、高知に恋した1人です。

山下耀子2.jpg

最初、駅を降りたときには「駅前が広い」「路面電車や!」「龍馬推しがすごい」という印象に加え、「、、、なんか人少なくない?」「商店街寂しい」「街まで遠い」と、ネガティブな印象が強かったとのこと。きっと、都心部に住む方も同じ印象を抱くでしょう。しかし、今では高知が大好きに。その大きな理由として「とにかく食べ物が美味しい」「絶景ポイントがたくさん」「なんといっても人があたたかい」と3点挙げていました。高知は「美味しい」「楽しい」「アツイ」がぎゅぎゅっと詰まったところだそうです!この言葉に魅力が凝縮されていますね。

そんな高知県で実施される【ふるさとワーキングホリデー】ですが、高知ならではのお仕事がたくさん用意されています!どれも「高知っぽさ」が出ているのですが、その中でも下村さんと山下さんがオススメする仕事をピックアップしてもらいました。

【葉にんにくの土づくり&作付け】(須崎市)
高知では16世紀末ににんにくを食べる文化がもたらされたそうで、昔は鯨や鮮魚と一緒に食べていたとか。ただのにんにくじゃないですよ、葉にんにくです。高知ではよく食べられているそうで、こういう地元ならではの食材に触れることがきっかけで、一次産業に関心を持つようになるかもしれないですね。交流プログラムとして、農業や6次産業についての講演を聴くことができるようです。

【カヌーとキャンプ(観光業)】(四万十市)
最後の清流・四万十川で楽しめるアクティビティの運営に携わることが出来ます。高知の魅力の一つ「自然をいかしたアクティビティ」に仕事として関われるのは面白そうですね。旅行者の目線ではみることができない四万十川の別の魅力が見れるかもしれません。

他にも魅力的なお仕事や交流プログラムが満載の高知県。ぜひ参加してみてくださいね!

ふるさとワーキングホリデーin高知
https://wh-kochi.com/

facebook
https://www.facebook.com/worholi.kochi/

特集