地方移住を検討している方へ、田舎の暮らし方ブログ

Powered by 地球の歩き方

福島県で地域おこし協力隊になる。
~農業から伝統産業まで、あなたの「やりたい」がきっと見つかる~

こんにちは。田舎の暮らし方編集部です。

地域おこし協力隊を募集』というお知らせをよく目にしますが、地域おこし協力隊自体の認知度って一般の方にそこまで高いのかなぁと思って調べてみたら、
・【地域おこし協力隊とは?】
・【地域おこし協力隊 失敗】
・【地域おこし協力隊 募集】
という3つの言葉が同じ数だけ検索されているようです。

ユーザーの関心がそこにあるということは、単純に募集要項だけを出すのではなく、「そもそも地域おこし協力隊って?」「体験談(失敗談含む)、アドバイス」「どうやってなるの?」という情報を網羅している地域に目がいく可能性が高いですね。

ただ、そもそも地域おこし協力隊ありきではなく、
「農業やってみたいけど、新規就農って難しいって聞くし、、、」
「伝統産業に関わりたいけど、そんな仕事ってあるのかな、、、」
という一般の方に対して、
「それならうちの地域で協力隊になってみない?」
という形が、双方にとって理想なマッチングになるような気がします。

IMG_1282.JPG

なぜこんな話を冒頭に持ってきたのか、察しの良い方ならお気づきでしょう。そうです。今回お伺いしたのは福島県の「ふふふカフェ」。各地域で現在募集している地域おこし協力隊は、バラエティに富んだ様々な職種があって、一般の方の様々なニーズに応えられると思うのです!

今回のイベントに参加された地域の協力隊募集内容をみてみましょう。

白河市
まちづくり会社『楽市白河』が管理する『マイタウン白河』という交流スペースの運営サポートスタッフ。地域を元気にするアイディアを求めています!
http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/page002558.html

二本松市
今年で63回目を迎える「二本松の菊人形」。こちらをさらにPRしていくため、菊づくりの栽培技術の継承とイベントに携わる隊員を募集します!
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/soshiki/1/20170518.html

国見町
あんぽ柿をはじめとする生産技術の取得や、農産物の6次化、ブランド化、そしてそれをPRしていく隊員を募集しています!
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11025b/tiikishinkou-107.html

天栄村
農業を通して私たちとともに元気ある村づくりに意欲かつ積極的に取り組んでくれる隊員を募集します!
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/10126

湯川村
農業に従事し、農業技術、経営ノウハウを習得しながら、農業資源(田、畑、産物)を生かした商品開発や地域情報の発信をしていただきます。
http://www.vill.yugawa.fukushima.jp/tiikisinkou/tiikiokoshi01.html

金山町
農業技術や経営ノウハウを取得し、活動終了時には農業での自立・定住を目指す隊員
・観光分野での経営ノウハウ等を習熟していただき、活動終了時には金山町の観光振興をすすめていただく隊員
を募集します!
http://www.town.kaneyama.fukushima.jp/soshiki/54/29kyouryokutai-bosyuu.html

古殿町
流鏑馬(やぶさめ)の里・古殿町では、応募される方と話し合いの上、業務内容を決めていくそうです。自由な発想をお持ちの方はぜひ!

飯舘村
現在村内に整備中の道の駅「いいたて村の道の駅までい館」で力を発揮していただける方を募集します。
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/12112

ほかにも、県庁の方がご紹介していた会津美里町の伝統産業『会津本郷焼』に関する業務などを含め、1次産業からサービス業まで、様々な職種で募集をしています!

fukushima3.jpg

地域おこし協力隊の先輩の話の中でも、「元々農業に興味があった」ことと「地域おこし協力隊の募集を知り合いから聞いた」ことが重なって応募したという方もいらっしゃいました。地域おこし協力隊は、やりたいことを実現するための有効な手段の一つという考え方もありかもしれないですね。任期中に将来のことを考えながら、準備も並行してされているようですよ。

声を大にして伝えたいのは、地域おこし協力隊はこれらの職種をただの「仕事」としてこなすのではなく、これらの仕事を通じて「地域に貢献する」「地域を元気にする」という、社会的に大きな役割を果たすことにもつながるということ。やり甲斐は計り知れないですね。

福島県も7/23(日)の東北UIターン大相談会に参加します!気になる地域があれば、ぜひご相談におこしください。

fukushima用.jpg

特集