なぜ愛媛にしたのか(私の移住体験談シリーズ2)

▽前回の記事はこちら

1移住のきっかけ

===

いよいよ移住しようと思ってからは、東京で開催されていた移住フェアや新規就農フェアに行ったり、知り合いのツテで地方にある農業法人で仕事させてもらえる情報をもらったり、と積極的に動きました。

当時は地方創生ブームの直前だったのかな。今ほどフェアとか多くはなかったですが、それでもフェアはもちろん、田舎暮らし体験ツアーのようなものを見つけては福井や福島などに出かけていました。
あとはやっぱり食べ物が好きで、私は巨峰が大好きだったし、気候のイメージもよい岡山が気になってフラッと岡山県庁に行ってみたりということもしました。

まぁもともと旅行が好きなので、旅行気分もあってフットワークは軽かったですね。

いろんなところに行ってみるうち、寒いところは食べ物がおいしいし、
保存食や芸能などの文化がとてもおもしろいんだけど、とにかく自分は寒いのが苦手で耐えられないということを自覚し、
「今住んでいるところ(東京都心)より緯度と標高が高くないところ」というのがいつしか重要条件になっていました。


そんな時、愛媛県地域おこし協力隊合同募集説明会というものに行ってみたんです。
四国は何の縁もなく、まぁ18きっぷで国内めぐってたときに通り抜けるような旅行はしましたが、その程度。(でも下灘駅はばっちり記念写真撮ってたw)
関東出身者としては、本州でつながってないし、飛行機で行かなきゃだし、遠いイメージしかなく、候補地としては全然考えていませんでした。

という程度だったので、この説明会、予約(推奨)制で予約していたにもかかわらず、当日別の代々木公園のマルシェか何かに行っていて盛り上がってたので遅刻していったんですよね。

なので、4市町くらいの合同説明会だったんですが、いくつか聞けず(笑)

たまたま聞いた、伊予市の説明で、魅了されてしまったのです!
まぁプレゼンが上手だったんですよねー。
そのプレゼンターは協力隊の先輩であったわけなのですが。

地域の人を紹介してくれていて、その人たちがなんとも、
迎え入れてくれそうだなという安心感を与えてくれたんです。

あぁ、ここなら良さそうだと。

そして、特産品の食べ物が、私の好みのものが多かった(笑)
みかんはもちろん、栗、キウイ、びわ、そら豆・・大好き^^

松山や空港からも割と近く、それなら都会育ちの私でもなんとかなるんじゃないかとか、帰省するにも、人を呼ぶにも割と便利なんじゃないかとかも思いました。

一度決めたら実行あるのみの性格なので、止まりません。
これは人にはあまりおすすめしませんが、割と考えなしに動いてしまうタイプですので、その募集説明会があったのが1月だったかな?で、2月に現地で面接、その時初めてちゃんと移住候補地という目線で伊予市を見て(といっても大して見てない。当時の東京仕事の合間に面接に行ったので現地見学は数時間もなかったかと・・なのでその下見で心が動いたとかそういう記憶はなし。)
、2月中旬くらいには採用のお知らせをいただき、3月末に引越し、晴れて移住して4月1日から地域おこし協力隊着任となりました。

IMG_6325.jpg

↑面接の日は道後温泉近くのゲストハウスに宿泊。
当時の写真を探してみてたら、伊予市の写真より松山観光の写真の方が多かった(笑)

みなさん、移住は人生の大事な決断です。下見はしっかりしましょう(笑)

========
========
========
愛媛県伊予市では3つの住民団体が、各エリアで一緒に暮らす仲間を探しています!
 ・地域の中で暮らす「いなか子育て」 → 伊予市双海(ふたみ)地区 & 佐礼谷(されだに)地区
 ・都会過ぎず田舎過ぎず「歩いて暮らせるまちぐらし」 → 伊予市郡中(ぐんちゅう)地区
という感じのエリアがあります。

詳しくはぜひHPからどうぞ^^

▽愛媛県伊予市移住サポートセンターいよりん
http://iyorin.jp/

お問い合わせフォームがありますので、そちらからご質問などお気軽に送信くださいね。

いよりん川口沙矢香

いよりん川口沙矢香

愛媛県伊予市

クッキーとかぼちゃが好き٩( ᐛ )و 千葉県出身、2013年から3年間地域おこし協力隊、その後は農繁期の季節バイトなどかけもち。 移住サポートセンター「いよりん」として伊予市の移住情報と、愛媛移住5年目の日々をお届けします^ ^ ▽愛媛県伊予市移住サポートセンターいよりん http://iyorin.jp/

コメント

この投稿者の移住ブログ

愛媛県伊予市(いよし)の移住ブログ