地域おこし協力隊は、子連れで働きやすい仕事だと思うよ。

4月に育休から復帰したお母さん、保活に通らず
日本●●なお母さん、全国の頑張って頑張って頑張って頑張るしかないお母さん方、お疲れ様さま々です。

知人FB投稿に
"子供がいる仕事生活2ヶ月目。早くもくじけている。"エーゲ海より深くうなずく、愛媛県唯一のお母さん隊員の私。前職場で育休に入り、首都圏の会社勤めフルタイムで復帰したのは子どもが1歳6か月で。
わが子は、おしゃべりが達者なのか「お母さん、会社で静かにしてるからつれてってー」毎朝、保育園の託児前に泣かれて後ろ髪吸引力ダイソンレベルでした。

ママばっかりが頑張らないといけない、日本の子育て事情が異常なだけなんですが。あの時期の発狂寸前のしんどさ、筆舌とかじゃない。記憶が飛ぶ困難と混乱と焦り。
いま振り返るとホルモンバランスもやられていて、よく小田急線の社内で涙してましたわ。
今となっては、いい思い出。母子共に悩み・苦しみ・もがき・あがき、よくなりたい、よく育ってほしいという思いが大事だったね~
てなれたのは、とりあえず3年間を地域おこし協力隊で過ごす決意だったとも思う。
(前職場の理解、家族の協力もモチロン最大級ですが!?!?)

180525-1.jpg

協力隊の仕事メインにおかれがちな移住ツアーアテンドは、相手のお子さんと遊ぶ要員として
子連れ推奨されていることもあるし。
※地域やツアー内容によって異なります

仕事のスケジュールハンドリングがっちり掴んでしまえば、有給で学校行事も余裕参加可能。
残業もないし、地元のお祭り手伝いとかであれば子どもも一緒に楽しめちゃったり

地域によっては、長期休業中に託児先がない場合は会議とかでも連れて行ける噂も
耳にしたから、子育て世代に就労してもらいたい地域であれば応相談で柔軟に対応してくれるみたい。
働き方改革と言われている時代、自分の働き方を変えて
地域を変えていく新しい力 地域おこし協力隊

という進路もあるよ。何よりお母さんの笑顔が大事なので、無理しないで
時には思い切って休んでね。

逢沢亜月

逢沢亜月

愛媛県伊予市

東京生まれ。神奈川育ち。2児の母だぼよおおおおおおーーーん。

コメント

この投稿者の移住ブログ

愛媛県伊予市(いよし)の移住ブログ