移住ツアー参加者さんからのクリスマスプレゼント゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――

昨年末、
移住ツアー 佐礼谷へきてみんさいモニターツアー(/≧∇)/\(∇≦\)/
ご参加頂いた方より我が家にクリスマス届きました

パン屋にお勤めとのことで、勤務先のギフトセットを
送ってくださった‼の!!!

180111-1.jpg

ただのパンだべ(激しく失礼な態度)を覆す、甘すぎずからすぎずの超絶な塩梅★さすが創業112周年、老舗の味。いや~首都圏からの贈り物のクオリティ高さに舌をまきました。
ご馳走様
というグルメレポじゃなくて、移住ツアーのお客様からギフトが届くミラクルについてが本題。

地球上に72億人、そのなかで出会えた奇跡
もそうなんだけど、、、、
移住モニターツアーは、往々にして補助が出るので参加者さんにメリットが大きい訳です。
だから、参加中は「わ。めっちゃいい所ですね」恩義を温かい言葉で返してくださったりします。

受け入れ側初心者だった私たち地域は、その言葉を真に受けて
(お。この調子だと全員が移住してきちゃいそうな予感さえも)って少々うかれた訳で。
ふりかえってみると、ただ単に割のいい旅行感覚の人もいたりして
激しく落ち込みました。きっと回数をかさねたり、予算が大きかったり
器が大きければ何の問題もないのですしょうけど。

小さい地域で多くの住民の方のご協力あってのツアーだから、あとあと「あの人たちは、いつ越してくるんぞね?」みたいな純真な瞳にやられた経験も。
今回は、参加中から優しい言葉はありつつも都心からいきなり山間部はちょっとハードル高いですよね(^^♪
みたいなクッションもあり、ちゃんと移住を真剣に検討している方々でした。

帰宅後もLINEやメールで進捗を教えてくれて、愛媛じゃなくて地続きの栃木で検討はじめました
といった連絡をくださる方も。
移住って人生だから、結果を求めるんじゃなくて過程やその後に大きな意味合いがあることを学ばせてくださった的な?
昨今、ちょっとビジネス風味をおびてきてて
移住希望者の牌の取り合いだったり、移住フェアの装飾合戦だったりするから
費用のない地域にとって競うことこそが無理げ。になりつつある。

あらためて感謝の気持ちを送って頂き、縁もゆかりもない土地で出会った人同士のエールといいますか。年末にぐぐぐっっっっっと心温まり、特産品開発婦人部で食べましたよ。ありがとうございます。

逢沢亜月

逢沢亜月

愛媛県伊予市

東京生まれ。神奈川育ち。2児の母だぼよおおおおおおーーーん。

コメント

この投稿者の移住ブログ

愛媛県伊予市(いよし)の移住ブログ