南房総の名物「イカメンチ」は、どこで食べられる?

千葉県鋸南町は漁港の町なので、海産物がおいしいことで知られています。刺身は当然として、「イカメンチ」が町の人に愛されています。「イカメンチって何?」という私としては、「さっそく食べてみなければ!」と、町内にある漁協直営の食堂「なぶら」と「cafe金次郎」を訪れました。

イカメンチとは何か?

東京では、ほとんど見かけないイカメンチ。イカを細かく刻んで、固め、油で揚げてカツにしたものをいいます。

グーグルで「イカメンチ」と検索すると、南房総地域で有名な食べ物であることがお分かりいただけると思います。

南房総以外では、宮城県仙台市や青森県など、漁港町ではよく知られている食べ物のようです。

home

漁協食堂「なぶら」は玉ねぎとの相性が抜群

では、千葉県鋸南町では、どこでイカメンチを食べることができるのかと言いますと、先日、このブログでご紹介した漁協食堂「なぶら」で食べることができるのです。

なぶら.jpg

2つで400円(税込み)。一個が結構な大きさなので、2人以上の人数で行ったときに、サイドメニューとして注文するといいかもしれません。

イカメンチなぶら.jpg

食べてみると...、イカと玉ねぎの相性がよく、これにご飯があれば、十分なおかずになります。

home

「cafe 金次郎」はバーガーもあります

道の駅「保田小学校」の中にある、「café金次郎」。一見、スイーツのお店のように見えますが、実はランチも食べられるんです。

金次郎.jpg

そして、ここでも「イカメンチ」を注文することができます。

1個で300円(税込み)。やはり、結構な大きさです。ここでは、ソースとマヨネーズをつけて、食べます。

イカメンチ金次郎.jpg

イカメンチバーガーもあるので、お腹がすいているときは、バーガーとして食べてみるのもいいかもしれません。

home

まとめ

失礼ながら、私、最初「イカメンチ」と聞いたとき、まったくイメージがわきませんでした。イカは刺身で食べるのが美味しいのに、なぜわざわざメンチにするのだろう? その理由がわからなかったのです。

しかし、やはりなんでも体験してみるものです。漁協食堂「なぶら」と「cafe金次郎」のイカメンチは、どちらも衣がパリッとしており、柔らかいイカの歯ごたえとの相性は抜群でした。

「なぶら」は午後3時に、「café金次郎」は午後5時半に営業時間が終わってしまうため、できればランチの時間帯に訪れることをおすすめします。

home

きょなん町地域おこし協力隊シミズ

きょなん町地域おこし協力隊シミズ

千葉県南房総地域

東京生まれ、東京育ち。気候のよい地方の生活にあこがれ、2018年9月から、千葉県の鋸南町(きょなんまち)に移住。東京・目白にある女子大を卒業後、「たくさんの人と出会いたい!」という好奇心から、10年間、新聞社、雑誌社で記者の仕事を経験。忙しすぎる生活に疑問を感じ、一般社団法人に転職するも、2016年、経営難のため退職。「人生何があるか分からない」ことを思い知り、大学の短期カリキュラムに入学。生き方を模索する。ローカルライフに興味を持つ中で、地域おこし協力隊という制度があることを知り、鋸南町に応募、思わず採用される。アラフォー過ぎ。なぜか独身。さびしいはずもなく、人生を謳歌中♪ 都会の女性が単身で地方に移住し、体験したこと、日々考えることをつづっていきます。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ