勝山漁協直営「なぶら」、ランチのボリュームは想像以上だった!

私が千葉県鋸南町で仕事をしたいと思った最大の理由は、魚がおいしかったから。思えば、地域おこし協力隊として着任して以来、町でジビエ以外、肉料理を食べたことはなく、魚の消費量が一気に増えました。今回は、漁港にある有名な食堂「なぶら」のランチをレポートします。

おすすめは「なぶら丼」

鋸南町には、2つの漁港があります。保田漁港と勝山漁港です。今回、ご紹介するのは、勝山漁港にある漁協直営の食堂「なぶら」です。

勝山商店街を抜けて、右に曲がり、海の方面に歩くと、この「なぶら」が見えてきます。

なぶら外装.jpg

一見、食事ができるとは思えないような飾り気のない建物ですが、目の前には、鋸南町の観光スポットである大黒山があり、抜群のロケーションといえます。

食堂はこの建物の二階にあります。

地元の人に聞いてみると、「海鮮なぶら丼」(1300円税込み)がおすすめということで、注文してみました。マグロ、タイ、アジ、イカ、ブリなどの海鮮が乗っています。

なぶら丼.jpg

海鮮だけでなく、ご飯も結構なボリュームなのですが、ちょうどいい塩梅の酢飯なので、どんどんお腹に入ってしまいます。

home

「てんぷら定食」は、えびが大きい

「てんぷら定食」(1200円税込み)も注文してみました。こちらもすべての具が大きい。これ、東京のレストランで注文したら、2000円以上はするんじゃないかというようなボリュームです。

今回は、大きいエビが2本入っていました。

えび定食.jpg

また、かき揚げは一口食べてみて感動。ニンジンや玉ねぎなどの定番の野菜以外に、やわらかいイカが入っていて、私のこぶしを上回るサイズです。

どれもサクサクとした歯ごたえで、とてもおいしいので残すことなく食べてしまいました。

ちなみに、店内はこんな感じです。

なぶら店内.jpg

home

昼食しか味わえないので要注意

この「なぶら」、庶民的で海を見ながらランチのできる、かなりおすすめの食堂ではあるのですが、難点は午後3時までしか営業しておらず、火曜日と水曜日が定休日となっているところ。

鋸南町で観光をして、最後「なぶら」で夕飯を食べて帰ろう...ということができないのです。

そういうわけで、客は地元の人や釣りで来ている人が中心。店内も落ち着いているので、訪れてみるには穴場のスポットかもしれません。

home

まとめ

最初にお伝えしたように、鋸南町には2つの漁港があります。今回、ご紹介した勝山漁港ではない、もう一つの保田漁港には「ばんや」という有名な漁協食堂があります。

「ばんや」もおすすめですが、「なぶら」も自信をもってご紹介できる食堂です。JR内房線「安房勝山駅」から歩いて10分ほど。駐車場もあるので、もちろん車で行くことも可能です。

「ばんや」と「なぶら」。どちらも、鋸南のおいしい海鮮が楽しめるので、食べ比べなどをしてみてはいかがでしょうか。

home

きょなん町地域おこし協力隊シミズ

きょなん町地域おこし協力隊シミズ

千葉県南房総地域

東京生まれ、東京育ち。気候のよい地方の生活にあこがれ、2018年9月から、千葉県の鋸南町(きょなんまち)に移住。東京・目白にある女子大を卒業後、「たくさんの人と出会いたい!」という好奇心から、10年間、新聞社、雑誌社で記者の仕事を経験。忙しすぎる生活に疑問を感じ、一般社団法人に転職するも、2016年、経営難のため退職。「人生何があるか分からない」ことを思い知り、大学の短期カリキュラムに入学。生き方を模索する。ローカルライフに興味を持つ中で、地域おこし協力隊という制度があることを知り、鋸南町に応募、思わず採用される。アラフォー過ぎ。なぜか独身。さびしいはずもなく、人生を謳歌中♪ 都会の女性が単身で地方に移住し、体験したこと、日々考えることをつづっていきます。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ