2018年 南房総 夏の岩井海岸プチ情報

こんにちは、南房総の海と猫をこよなく愛するCAT SEA KUROです。

いきなり夏日のオンパレードで酷暑のニュースが毎日流れてますが、海の季節がとっくに始まってしまってます。

岩井海岸には、今年は海の家が2軒あります。
海の家第一海水浴場 BEACH HOUSE 無料休憩所
海の家 三栄です。

b-20180805-1-1.jpg

まず岩井海岸は海開きが5月下旬で5月26日でした。
ライフセーバーの監視付は7月21日から8月20日です。
時間は夕方17時です。それ以降海に入る方は、自己責任で、
注意してくださいと案内がありました。

海の家第一海水浴場 BEACH HOUSE 無料休憩所が7月1日から営業でした。

海に面した、ウッドデッキは大勢で座ることができます。
長テーブルと、ベンチが並びコカ・コーラのパラソルが風になびいて快適です。

b-20180805-1-2.jpg

店内やデッキにある自販機で何か買おう。
やっぱり、コーラがいいか。冷え冷えのコーラ。
ウッドデッキに青い空、青い海と気分爽快なのです。

この屋根の下のパラソルの日陰、とてつもなくオアシスですよ。
強い風は、日陰ならば心地よくさわやか

朝早くから、泳ぎに来ているご家族がいたので、お話をきいてみると千葉方面からいらした家族で、もう5年もこの季節に日帰りで海の家の利用で遊びに来ていると。とても楽しそうでした。

b-20180805-1-3.jpg

自前の浮き輪は、店内入口にコイン式の空気入れが利用できます。100円で大きなものは数回いれることとなるのでしょう。

遊ぶ前にポンプで一汗かく昔を思うと便利になっていました。
ボートも完成して、海へゴー

着替えを含め温水シャワーの利用料は一回、大人500円(中学生以上)子供300円です。

b-20180805-1-4-1.JPG

温水シャワーはブース式の個室で、男女別ではありません。
シャンプー利用も持参すればできます。
共同の洗面台にドライヤーが1台ありました。b-20180805-1-4-2.JPG

有料のコインロッカーは1回300円より 

旅人が大好きなコロコロできるトランクが入るものはありません。保管場所に困るのでボストンバッグやバックパックがいいです。

b-20180805-1--6-1.JPG

店内は広くて畳の小上がりもあり、小さいお子様連れや、足を延ばして休みたい方におススメします。

b-20180805-1-6-2.JPG

食事はいろいろあり、詳しくは、ホームページのメニューを参考にしてください。早期完売もあるようです。

b-20180805-1--7.JPG

バーベキューをしたいまたは、食べたいメニューがあるという場合は、ネットまたは電話で予約して訪れるのがいいと思います。

海の家といえども、飲食店なので、持ち込みはご遠慮くださいと書いてあります。

赤ちゃん専用の食品や、アレルギー食品等の持ち込みに関しても、お店のかたへ、一言声をかけ了承を得てくださいとのことです。

持参のお弁当を食べたいという方は、砂浜にパラソルをレンタルということもできます。

浜風に対応するためにロープ張りもしてくれるので、安心ですね。パラソルのレンタルで日陰を確保もいいですよ。

ワンタッチのサンシェード利用するかたがおおいみたいですが、人がいないと風でみんな飛んで行ってしまいますのでお気をつけて

夕方、いってみると、食事は売り切れていましたが、かき氷はありました。西日の当たるデッキを避けて、店内席で、涼しくいただけました。

b-20180805-1-9.JPG


バーベキューの予約をした団体が来て、楽しそうでした。

何組も予約席で、テラスで飲み会になっていました。
予約をするのがベストですよ。
せっかく来るなら、予約を忘れずに

b-20180805-1-8.JPG

5時からですと、かなり西日が熱くてまぶしいのです。
でもやはり、6時半の夕日にはご飯を食べて落ち着いて座ってみたいか。それならやはり5時スタートがいいですね

b-20180805-4-1.JPG

海の家 三栄 
こちらは昔ながらの伝統的な海の家です。

b-20180805-2-1.JPG

朝8時から18時まで。

着替え、荷物預かりクローク方式でした。
荷札で管理なので、こちらはトランク預け可能です。
コインロッカーはありません。

b-20180805-2-2.jpg

脱衣所はブース式個室です。

温水シャワーは解放式なので、水着を着たまま浴びるタイプです。シャンプーは持参すれば使えます。
各1回、利用できるようですが、こちらはセット料金もありましたが料金等は載せないでとのことでした。

軽食、かき氷や、ジュースに花火、海のレジャー小物の販売等もしています。

ただ、着替えやロッカーの利用者が、休憩所として、利用できるかというと、飲食店と同じなのでお食事のご利用者に限るということになります。

そこがわかりにくいのですが、海の家は飲食店なので、持ち込みは厳禁とこちらのお店にも、小さく入口に書いてありました。

b-20180805-2-4.jpg

海の家の利用方法がわからなかったので、お聞きしてみて理解できました。

持ち込みは飲食店なので、いけませんということがわかりました。地元の方が運営する海の家、房州弁が聞き取れないこともあり、少し、粗い言葉にけんかしているみたいな口調に思うかもしれません。

思い切って、話しかけてみましょう。
とても気のいい方たちです。
滞在中には、朝、昼、夕方とたくさん通ってみてください。

b-20180805-1-10.JPG

各、海の家にはトイレはありませんが、近くに水洗トイレがあります。

そして、海の安全を見守る監視所、ライフセーバーの方も20日までいます。毎日、ご挨拶の放送が入るのが聞こえるのが楽しみでした。

安心安全な海水浴が楽しめるように、ルールを守り楽しみましょう。ボート屋さんも各所にありますが、来年また調べます。

海の遊びに関しては、朝のお散歩で貝殻など拾い、観光地引網等あります。

b-20180805-3-1-2.JPG

潮が引いた時間には、高崎の浜下の防波堤横あたりの岩場で礒の生き物の観測等楽しめます。
小さいバケツ等持参するといいですね。

b-20180805-3-1-1.jpg

防波堤からの投げ釣りなども子供の頃楽しみました。

b-20180805-2-5.jpg

夕方まで楽しむ若者もいますが、夕方のお散歩の親子等、視界に入ると、パラシュート花火などを楽しむ人がでてきたり、岩井海岸の夕日の美しいトワイライトタイムです。

夕陽はその日の天気次第になります。
見たらラッキーを楽しみにしましょう。

富士山が見られたら超大吉ということ。
その時を楽しみましょう。

岩井海岸には、毎年8月5日に花火大会があります。
3000発ですが、見ごたえあります。
交通規制もあるので調べてきてください。

b-20180805-5-1.JPG

b-20180805-5-2.JPG

パーキングもたっぷりありますし、花火大会を楽しめる穴場だとおもいますよ。

そして筆者が大好きな、ダイヤモンド富士が
8月12日13日に岩井海岸で見られるかもしれませんよ。

DFb-20180805df.JPG

もう一つ海岸での楽しみを
8月13日から14日にかけペルセウス流星群が観測できるみたい。

そんな流星群の名前を知らない頃から、岩井で夜空を見上げると、ピューって流れ星をよく見ていました。
たまに人工衛星の通過を目撃もあり。

b-20180805-7-1.JPG

(月と恒星の何かな?火星ではありません)

9月まで最接近は過ぎましたが、火星が大きめに輝いています。

双眼鏡があると、十分楽しめます。
スバルや、カシオペア座良ーく覗いてみてください。
夏の大三角形を探したり、潮騒をBGMに南房総ナイトを
楽しんでもらいたいなー。

浜に仲間や、友達みんなで寝転んでみることもありましたね。

星空を眺めると、運がよければミルキーウェイ(天の川)を、みることもできるかもしれません。

最後に、お買い物情報系を少々お知らせしましょう。

コンビニのセブンイレブンその近くには100円ショップとスーパーのおどやさん、ドラッグストアのセイムスさんがあります。

またローソンの南房総岩井海岸店がオープンしましたよ。

そのお隣には、便利なコインランドリー。

夕方まで遊んで、夜から外に水着干すでしょう。

翌朝着替えると、乾いていないなどありますが、飲み会の、お買い物などをするついで100円分乾燥機かけるとほぼ乾いちゃう。
部屋にひろげておけば、翌朝気持ちいいですよ。

コインランドリーは夜中12時で閉店なので取り出し忘れには気を付けて。

岩井には、夜営業している飲食店は難しいかもしれません。
歩きで行かれる所はほぼ皆無です。館山 鴨川 金谷 君津なら
色々あります。私は移住者なのでよく知らないです。

少しはお役にたてるとよいのですが。
また改めて、情報集めてみます。

CAT SEA KURO

CAT SEA KURO

千葉県南房総地域

はじめまして、CAT SEA KUROともうします。 海で保護した我が家のスター猫娘、黒猫のSEA KURO(シークロ通称クー)ちゃんをライター名に南房総の新しい働き方講座の第二期生を修了し市民ライターデビュー、素敵な南房総の風景や、身近な情報を、お届けしていきたいと思います。どうぞよろしく。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ