シャンシャンに会ってきたよ。

こんにちは、南房総の海と猫をこよなく愛するCAT SEA KUROです。

ゴールデンウィーク楽しくすごしていますか?
ひと月で、こんなに変わるのかというくらい暑いですね。

4月1日にシャンシャンに会いに行ってきました。
まずはインターネットで下調べ!
上野動物園のサイトをみてもわからなかったので、書いてみます。

シャンシャンの動画が見られるのです。
そこで、様子をみてみました。
パンダ舎の中は4つのお部屋に分かれています。
見学がどこのお部屋になるかは決まっていない。

3時間分公開されていた動画のうち、親子が移動してきてから
約9分間動いて遊んだりしたが、後は全部おネンネ
それがシャンシャンの仕事である。
そこを理解してから行くとよいと思いました。
どれだけ素敵な寝姿に会えるかをイメージしました。

上野動物園のパンダ舎のある、表門に1時間前に到着。
凄い人だかり。
警備員さんもたくさん出て何か叫んでいる。

入園券をお持ちの方
団体予約の方
障碍者手帳をお持ちの方
入園券をお持ちでない方の列に分かれて並びます。

とっても暑い日で、桜吹雪が舞うなか
シートを敷いて座っている方もいました。
日をよけるところが全くないのです。

日傘に帽子や今なら薄い長袖。
大切なのは、水分補給。
家族なら大きなボトルを持ち歩こう。
二人で、5本くらいかいましたから。

15分前くらいに列が動き始めます。
6人が横に並ぶ列から、2人の列に絞られていきます。

入園券を自販機で購入します。
大人600円。65歳以上300円中学生200円小学校6年生まで無料
年間パスポート
大人2400円65歳以上1200円とありました。

日付指定がないので、事前に購入してあれば、入園券お持ちの方の列に並べる。そういうことか。探しても書いていないわけだ。

チケットがかわいい。
シャンシャン親子のものや生後100日とか数種類ある。

入口付近にて、10分おきのシャンシャンの入場整理券の配布時間の配布終了の案内がされる中、チケット購入が終わりました。
入園すると、左のテントの下を通過で、一人一枚が配布されます。

b-20180502.JPG

私が受け取れたチケットは、1250分と1300分のものでした。
時間がまたがるチケット後ろの時間の入場ならば、一緒に並べますといわれたので、それまでの時間園内を散策です。

まずはパパのパンダ舎へ!
10分程度待てば見られました。
人数制限されたエリア内で、数分間の自由散策です。

撮影をされた方は、移動して交代をしてくださいという案内をききながら最前の人は変わる人と、へばりつく人と様々。

私は、自撮り棒で後ろのほうから撮影できたので楽しめました。高さが出せれば、問題ありません。お子様はやはり頑張って前のほうにいけないとみられないかもしれません。

パパの後は、お山を登ったり下りたりと、園内を散策して、これがまた暑いので修行でした。

日陰を探すもみんな、もう座ってしまっていて
なかなか席は空きません。

b-20180502-1.JPG

ランチはパンダの箱入り万世のカツサンド。
久々でおいしいなー。
ソフトクリームの販売員さんの連携凄すぎる。
ゲストをお待たせしません。感動的早さ。

春なので赤ちゃんがいて、おサルさんの所が楽しめました。
プレーリードッグは、飽きることなく眺めていられます。

b-20180502-3.JPG

そして、いよいよシャンシャンに会える列へゴー!
また待ちます。
この先進まないようにと、係員の誘導が近づいてきました。

いよいよ案内がはじまりました。
おや初めの部屋はお留守。2分間止まります。
そのお隣か?またお留守。2分間止まります。

3つ目のお部屋の木登りするお部屋が出てきました。
やっと会えたシャンシャンはお気に入りの木の上につかまって寝ています。
下の奥のほうにママパンダが、お食事中のもぐもぐタイム。
とてもかわいい寝姿です。またもや最前は動きません。

右から左から移動して、見えるところから撮影をしました。
大人の私たちは、自撮り棒少し延ばせば、満足できます。

こちらの場所も2分間です。
移動して角度を変えて撮影。

やはり2分間です。

こんなに待っても2分間なのです。
でもとても幸せな気持ちになるのが不思議です。

子供の頃にリンリンカンカンを見に来たときは
パンダ舎をただ通過しただけの案内だった記憶があります。
パンダを確認することすらできずに終わったんじゃないかな。
それに比べたら、とても満足できました。

撮影はしたのですが、大人の事情で画像は載せてはいけないらしいので見に行ってください。

お役にたてる情報になるといいなと思いました。

ゴールデンウィークに関しては4月2日の消印まで有効な往復はがきによる申し込みのみで、抽選にて決まるとありました。

整理券の引き換え可能になるとありました。
当たるとプラチナだ。
転売防止のために、本人確認が全員分必要ですとのこと。

大きなお休みの時には、この方式ということでしょう。
事前に調べてみてくださいね。

本当に会いに行きたい人が会えますように。
あのかわいさ、今しかみられないとおもいました。

おみやげやさんで会計にも並んだ方とお話ししました。

シャンシャンの整理券配布が終わってから到着した方ばかりで開園前に到着しないと、整理券配布は間に合わないということです。
当日10時半から11時くらいに配布終了と園内放送が流れました。

お土産は起きているときのシャンシャンと親子の写真ハガキと
ステッカーをかいました。シールも親子パンダでした。

最後に出口で知りました。

シャンシャンの引換券をもらえた人は、時間前に戻ることを条件に
再入園ができると知りました。無理して園内にいなくてもよかったのか。

これもシャンシャン引換券のみの特別なルールだそうです。
普通の入園チケットは、再入園は不可能です。

外に出ると、動物園より葉桜になっているのに人がいっぱいで
葉桜をバックに撮影する外国人の多さにおどろきました。
でも皆さん笑顔で、楽しそうでした。

b-20180502-6.JPG

浅草の町中のコミュニティーバスがパンダバスです。
また来た時に乗りたいと思いました。

CAT SEA KURO

CAT SEA KURO

千葉県南房総地域

はじめまして、CAT SEA KUROともうします。 海で保護した我が家のスター猫娘、黒猫のSEA KURO(シークロ通称クー)ちゃんをライター名に南房総の新しい働き方講座の第二期生を修了し市民ライターデビュー、素敵な南房総の風景や、身近な情報を、お届けしていきたいと思います。どうぞよろしく。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ