南房総の海に魅せられて... (移住決定編)

移住初心者の 原 みりか です。

ライターの仕事を通して、南房総の良さを広めるべく奮闘中です。

日々の体験をよそ者目線で発信できたらと思っています。

今日の前原海岸は風が弱くおだやかです。
土曜日なので、サーファーさんや砂浜で遊ぶ家族連れの親子がいます。

IMG_0773.JPG

移住するとき、一番に考えることは...

どこにする?

だと思います。

我が家が南房総に決めた理由
・トトロくん(夫)が子供の頃から毎夏療養に来ていた。
・二人とも関東出身(夫は東京、私は茨城)実家にわりと近い。
・私は千葉市に8年ほど住んでいた。
・海、食、温泉を求めて年数回旅行に来るほどお気に入りの場所。
・温暖な気候(老後にはこれ重要)
・リゾート気分(南国気分)を味わいたい

なので、最初から他に候補地があるわけでもなく、
南房総に決めてしまったのです。
しかも東京からも近く、来やすい土地ですね。

そして、我々夫婦のゆずれない条件

「海・自然・花・温泉・食べ物」

絶対必須の田舎暮らしキーワードです。
温暖で海に近い場所、あこがれのリゾート生活
どれも南房総にあてはまりました。

IMG_0774.JPG

(もう南房総は春です。一足早く咲く水仙の花です。)

正直、移住は定年後を考えていました。
年金生活でゆっくり暮らしたいと思っていたのです。

でも、直前まで住んでいた名古屋生活の2年間で、
トトロくん(夫)の体調に不調が出て...
東京生まれ東京育ちの都会っ子の夫には、異国の地(?)の生活は無理があったようです。
関東地方と東海地方の文化の違いもあったと思います。

なので、名古屋生活は2年で終了。
前倒しで、南房総に移住することになりました。

ちなみに、今ではすっかり元気!
いきいきと仕事をしております。(笑)

南房総を移住地に決めて最初にしたこと
それは、

夫の仕事探し

これは必須!
収入がなければ生活できない...

ただ夫の場合、以前から「移住したらここに勤めたい、地域に根差した仕事がしたい」
と思っていた場所にすんなり採用。
あまり就活に苦労することなく、決まったのはラッキーでした。

移住するにあたり、仕事を決めることは必須です。
高速バスや電車で東京まで通勤する方もいますが、
本数も少ないし、往復の通勤時間を考えたら、ゆっくりすごす時間がなく
移住した意味がない。

移住後の生活設計をたてること

どうしたいのか、どうするのか
必須です。

IMG_0759.JPG

(鴨川市にはリゾートマンションがたくさんあります。都会と変わらない生活ができます。)

我が家の場合、あと10年はトトロくんに働いてもらいます。
仕事も一生懸命、プラス、リゾート気分で癒しの生活ができるご褒美付き

そして定年後は、南房総で古民家をリフォームして
ゆっくり生活する夢を持っています。

☆私のブログで、少しでも南房総に興味をもってくださったら嬉しいです☆

原みりか

原みりか

千葉県南房総地域

「海の見える場所で暮らしたい」との夢が叶い、夫と2人で2017年2月鴨川市に移住。 以前から年に数回は訪れていたほど南房総大好き!夫婦。 行くと決めたその日から3ヶ月後には憧れのこの地に!事前に決めたのは、夫の就職先と住むところ。最低これだけ決めておけば大丈夫とお気楽夫婦の田舎暮らし。 「海・自然・花・温泉・食べ物」はずせない田舎暮らしのキーワード。 家から見る大きな海は癒し。一歩も外出したくないほど毎日魅了されている。 縁あって南房総市主催「新しい働き方講座」に参加し、今まで知らなかった世界「クラウドソーシング」でライターの仕事に出会う。地方・在宅でできる仕事に巡り合った喜びと、今までの自分の仕事スキルを活かして何かしたいと、今後の田舎暮らしを模索中! 今までに経験した仕事は20種あまり、住んだ地域は9ヶ所。膨大な数字をもとに何か執筆ができないかたくらむ毎日。 講座で学んだ仲間と、南房総を盛り上げてたくさんの人に良さをアピールしたいと、WEBサイト「南房総ex-press」(2018年4月中旬開設予定)立ち上げにも奮闘中! 「これから移住を考えている皆様に参考になる情報を!」との想いで発信していこうと思っています。

コメント

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ