私、今日で地域おこし協力隊辞めます。

こんにちはーハナザワでーす。
鋸南町の地域おこし協力隊に就任(私の場合、"当選"という方が正しい気がする。)したのは昨年10月。

早いもんで時は流れて1年1か月。

まさか志半ばで協力隊を終えることになろうとは

誰が想像したことか!!!

いや、役場の人は結構こいつすぐやめるんじゃねーか?って思ってたのでは!?))))汗

それでも私は楽しく1年こうしてやってきたわけですが、この度妊娠と旦那の転職を機に辞めることになりました。

今日は最後のブログという事できょなん町での思ひでをつらつら勝手にしゃべくります。

活動内容は移住定住。移住相談があまりにも少ないのでメイン活動はいつの間にかこの田舎ブログに。

東京からこんなに近いのに

知名度がべらぼうに低い!

館山、南房総、鴨川は知ってるのになぜみんな鋸南を知らないんだ?
ってゆー私も知らんかったけどね。ネットで検索しても情報出てこんし。

まず鋸南って名前読めんし。

移住相談は閑古鳥が鳴いてるくらいなんで待っててもしょうがない、情報発信だ!という事で、やったこともない田舎暮らしブログを始めてみました。

正確に言えばブログやミクシーはかじったことある、が、続かないんだよね、飽きっぽいから。
インスタももう1年以上放置してるし、あーそろそろ何とかしなきゃだな。

よそ者視点から本能のまま思う事を書いてたらアクセス10000PV超えてた件。

ハナザワ:
ー何かいたらいいんすか?

担当者さん:
ーあまり考えすぎず思う事を好きに書いたらいいですよ。

ハナザワ:
ーわかりました!

というわけで素直にその言葉を信じ、思うまま、ほぼ修正なしでブログを更新してました。
時には役場ディスリが行き過ぎてしまうこともありましたが、その公開を許してくれた

鋸南町の懐の深さといったらもうっっっ!!!!(感涙)

皮肉にもネット上の鋸南町の情報が少なさ過ぎたお陰で私のブログが上位に上がるようになりました。ラッキー。
町内の方や周りの自治体の方も読んでくださるようになり、気付けば1万アクセス

素人にしては上出来。うん、私にしてはよく飽きずに頑張った。
このまちにも少しは貢献できたのではないか?

え?うぬぼれすぎ?

とは言っても総務省目線で言ったら私は地域おこし協力隊の失敗例。

任期半ばで辞めちゃうし、しかも町から転出しちゃう=定住しなかったし。

って点からみたら私は間違いなく失敗例。

反省点で言えばまあ、主人の就職ですね。
日本語喋れない外国人、その上求める職種も特殊といえばまあ普通に考えて田舎で仕事が見つかるわけないわな。

起業?

勿論かんがえましたとも。
ただ縁もゆかりもない土地でいきなり夫婦同時に起業ってあまりにもリスクが高すぎました。

もうちょっと念入りにリサーチしていれば結果も変わっていたのかな、とか。

まあ済んだことをうじうじ考えてもしょうがないので、じゃあどうするか、今後の課題は"関係人口"としてどう鋸南と今後関わっていくか?ってことかなと思っております。

取り急ぎ、11/4のこちらのイベントではヨガやらせて頂きます。

ジビエBBQ大会の詳細はこちら

000-2-1000x1410.jpg

それから以前この町の女子4人で立ち上げた"田舎暮らし女子応援団 きょんむす"の活動も継続予定でして、こんなイベントやってみることにしました。

3944211267_650a0353753798a84_4343448861067444224_n.png

(きょんむすに関する過去記事はコチラ。

婚活だよ、こんかつー。

1540966989851.jpg

なんかさ、移住定住とかやってて結局行きつくところは

人口ふやそうぜ、みんな恋しようぜ、的な。

なばなを植えて愛をはぐくむ、畑の肥料は私の愛です、とか言ってたらメンバードン引きしてたけど。(笑)

まーとにかく自分でも知らなかった新たな一面が分かった1年間だった

ブログとか、文章がかけるんだー、読んでもらえるんだーってことが分かったのは大きな収穫
それから車の運転がこわいという理由からひたすら8か月間、運転を拒み続けた自分の頑固さと臆病さもこの町にきて知りました。

移住定住や地方創生のおもしろさでいえば、必ず答えが見つかること・結果が目に見えて出やすいってのはモチベーションにつながりました。


例えば移住で悩んでる人、本当は何に悩んでいるのか?それを一緒に考えて答えを探していくことってパズルゲームみたいでおもしろいし、定住政策のほうで言えば私にできることで言えばヨガ、これは開催すれば参加者が喜んでくれるってのが目に見えるのがやはり楽しかった。

みんな違ってみんないい。地域おこし協力隊。

あ、新しい鋸南の協力隊の清水さんはもと新聞記者でして、つい先日、移住と起業について協力隊目線で語る座談会を開催してくださいました。
それぞれ意見が飛び交い、鋸南ならではの起業目線・移住目線ってのも独特でおもしろいのでよかったら読んでみてください。

https://inaka.arukikata.com/chiba/minamiboso/blog/chiba_minamiboso_15/2018/10/post-12.html

明日からしばらくハナザワは冬眠期間に入ります。

今日まで協力隊。
明日引っ越し。

今月は怒涛の送別会ラッシュで週の半分送別会とか、ありがたいしもちろん参加したいからするし、でもさすがに顔がコケました。

妊婦なのに痩せてどうする、私。

必要な時に痩せず、痩せなくていい時にやせる、皮肉な話ですねえ。。。

引っ越し後は新しい土地でのお役所関係の手続きや息子の幼稚園の申請等、私の苦手とするお役所系関係の書類手続きに追われそうです。
引越しの荷解きをしつつ、今月は2回実家に帰る必要もあり、さらには12月にはもう臨月。

穏やかなマタニティライフを夢見てましたが、私の人生っていつもこんな感じでだいたいバタバタなんだよね、わかっちゃいたけど。

というわけで。

13か月間、ブログを読んでくださった皆様、鋸南町の皆様、役場の方々、皆様ほーんとうにお世話になりました。

このブログは今日で終了です。そして私の協力隊活動も終了します。
今後は町が任命して下さった"きょなん町応援団"や以前この町の女子4人で立ち上げた"田舎暮らし女子応援団 きょんむす"としての活動で携わっていこうと思います。

まずは何より中の人(お腹のなかの赤ん坊)を出して、それから色々考えます。

ヨガのお仕事も新しい土地やここ、鋸南でも定期的に開催したいし、ブログは今までは田舎暮らしについて語ってきましたが今後は個人ブログで我が家の国際結婚に関しまして、いつもの低クオリティイラストと共に発信していこうと思います。

ってあんまり個人の宣伝すると役場にまた怒られるんでじゃあこの辺で!

エンド2221.jpg

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ