これって普通なの!?鋸南で田舎暮らしをしてみて驚いたこと7選

こんにちはーハナザワでーす。
協力隊卒業(フェードアウト)まで残り1週間です。

最近よく聞かれること。
「何で写真やめてイラストになったの?」

え?

写真が下手だから。

ぶれる.jpg

なんか、自分の写真の下手さ具合にうんざりしてしまいました。
いいカメラを使ってもブレブレ。
なんか悲しくなってくるわけです。

まあ、イラストに切り替えたところでこれまた低クオリティ路線なんですけどね。

こちらはいいんです、

"下手カワ"というジャンルがありますから!

写真のほうは鋸南町に新しい協力隊、"清水さん"がメンバー入りしたので、そして彼女は写真が上手いので丸投げの方向で!テヘペロ

もともと引きこもりの性質も兼ね備えてますので、あまり外にでず、閉じこもってたいという願望もあります。

そこで"妊婦"という免罪符!


引きこもりを正当化することができ、尚且つ色んなシーンで優遇してもらえるハイスペック機能!

(とかあんまりいうと、腹の中の人に失礼なのでやめとく。)

さて、ここ鋸南町のお話ができるのも残りわずかということもありまして今日は、
「私が鋸南にきて驚いたこと」ベスト7(⇐超半端)を発表してみようと思います。
お付き合いくださいませ。

お酒の席で若者が真剣に町の将来について語る

これは町の誇るべき宝ですよ。

若者、宝!!

今までホント、栃木や東京、海外も色んなところ住んでみたけど、こんなにも町の将来を真剣に考えてる若者が多いことに驚いたしすごいと思った。
人生2,30年そこらの若者たちがだよ?
今の現役世代が引退したら、とか、祭りの継承についてとか、休耕農作地の活用はどうするか、これを真剣に語り合ってるのですからもー

かっちょええですわ。

好感度3割増しだね。

人口も減る一方だし、小さな町だから住んでる人も今町で起こってることも、何だかんだ見えちゃうし耳に入ってきちゃうからなんだか他人事じゃないって感じ。

home

チャイムが鳴る。しかも半端な時間

町全体が学校のようです。

キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン

毎朝、チャイムで朝を知らせます。
しかし長年謎なのがそのチャイムの時間。

朝6時55分ってなんで?


7時じゃダメなの?
"5分前行動を心がけましょう"ってことなんでしょうか?

これも慣れれば何も疑問には思わなくなってくるのですがね。

home

小学生がバス通学してる!

記思わず言いたくなる、

欧米か!!

あ、このネタってもう古いの?
小学生、毎日バス通学です。

ってゆーのもとてもじゃないけど歩いていける距離じゃないからね、小学校。

町内に小中学校各一校。
遠い子で片道5キロ、もしくはもっとあるんじゃないかな。
それ毎日往復させるのはさすがに苦行でしょ。

私が子供のころなんて、バスに乗れるのは遠足の時くらいだったからもーワクワクしましたけどね。


バス酔いする子はこの町にはいないのでしょうか?
乗り遅れることはないのでしょうか?
座る座席って自由なんでしょうか?

いつか小学生に聞いてみたいです。

home

祭りに対する意欲が高い

皆さん自分の住んでる地域が祭りの時は有給使って休みますからね。
都会に出ていった若者もこの時ばかりはぞろぞろと帰ってきます。
祭りは町の一大イベントのようです。

1,2か月前くらいから夜はお祭りの笛太鼓の練習が始まり、小学生や中学生、そして地元の大人たちが集い練習に励む。

私が昔住んでた地域のお祭りって、屋台がずらーーーーーって並んで、地元のダンスチームがダンスの発表会して、若者はナンパに必死。

こっちのお祭りは何だか聖域って感じであまりにも私が知ってるお祭りとあまりにも違ってびっくりしました。

home

公共電波でテレビの宣伝がされる

町内放送が頻繁に流れます。
今日こんなイベントがあるよーとか、廃品回収の日ですよーとか、珍しいのでは

先ほどの火事は鎮火しましたー

とか。

中でも一番驚いたのは

「今日、夜8時より〇〇テレビにて鋸南町が紹介されます。」

ってな内容。

公共電波でコマーシャルしてる!!

結構ね、鋸南ってテレビにでるんですよ、だから町民のみなさんもテレビに慣れてる。
なんかそれもすごい話だと思う。

home

公園がない

公園ってないんですか?って地元の人に聞くと不思議そうな顔され、こう答えが返ってくる。

自然があるじゃん。

そ、そうなんですけど。
自然をいきなり「はい、どうぞ!」って言われましても、どう相手していいものかわからないのですよ、公園育ちの私たちには。

公園ニーズは地元のママさんや小学生たちからも希望はでてるそうですがなぜか実現しない。

財政とか、大人の事情ってやつなんですかね?(笑)
だからうちの子もイオンとか行くと「すべり台だ~」って目を輝かせて走っていくようになりましたよ。
保育所にもあるんですが、迫力が足りないみたいです。

すべり台.jpg

home

落花生を茹でて食べる

千葉と言えば落花生。

これも驚いた話。生で落花生が売ってるの。

騙されたと思ってこれを茹でて食べてみると、これがまた美味しいんですわ~。

ほくほくしてて、お芋のような、枝豆のような食べ始めると手が止まらないです。
塩をかけたりするかたもいるそうですが、私はそのままの素材派。


生で落花生が売ってるのをもし見かけたら是非試してみてください。

革命.jpg

home

まとめ

いかがでしたか、素朴で人間味あふれる鋸南町。

一年間この町に住んでみて、驚きの連続だったりでもそれが住んでる人にはフツーだったりしてそれがまたおもしろかったり。
これってネットにあふれる情報じゃ味わえない、住んでみないとわからない醍醐味だったりして。


都会ってあんなにたくさん人がいるのに人に出会えない、田舎って人が少ないのに都会よりも色んな人と話してる気がする。

おもしろいよ、田舎暮らし。
私は農業も釣りとかも興味はあるけどのめりこむって程ではなく、お遊び程度で、それってせっかく田舎に住んでいるのにもったいないとか言われそうだけど、なんか色んな価値観あるし。
私は田舎にきてみて人がとにかくおもしろかった。

思い切ってえいや!って東京から一歩踏み外してみると、今まで知らなかった世界が色々見えてくるようです。

home

千葉県南房総地域

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ