南房総鋸南でペットと泊まれる宿を発見!新築コテージを取材してみたよ

どーもーハナザワでーす。

結婚、5年か6年目。
先日は結婚記念日をすっかり忘れており、旦那が悲しそうにしておりました。

そろそろマイホームも欲しいお年頃ですが何せ夫婦共々放浪癖があるもんで拠点が定まりません。
そんな中、ここ鋸南に新築物件発見。しかも海沿いってかほぼ海。

しかもここ、話を聞けばなんと

泊まれる新築!

こりゃあ行ってみるっきゃない!

ペットを旅行に連れていきたい!でも現状は案外大変...

我が家はペットは今のところ飼ってませんが、ペットを飼ってる友人達に話を聞くと、旅行は大変なんだとか。

まず

ペットOKの宿・ホテルが少ない。

ということ。

以前、鋸南町にペット連れで来てた旅行者に聞いたら、片っ端から電話で問い合わせて受け入れてくれたところはたったの1件だったんだとか。

ペットと泊まれるところは増えてきてるようですが、それでもペット用に作られてない宿に無理やりわんちゃんや猫ちゃんを泊まらせることで、ペットがストレスを感じたり快適でなかったり、それから聞いてた話と違う!(大型犬はダメ、とか宿泊料金がネットに表示されてたものと違う、とか。)なんてトラブルもあるようです。

それから料金も若干高め。

人間の子供料金よりペットの方が高いなんてザラだそうです(笑)

鋸南を含む南房総全域で、ペットと泊まれる宿を探してみたところ、ざっと見ても20件以下
館山・千倉・白浜エリアには宿やコテージが集中してるようですが、南房総の入り口"鋸南"に限って言えばまだまだ数が少ないようです。

home

新築コテージ!社長、なんで2軒建てたんですか?

そんな中朗報!

何やら海沿いに新築を建設してるのは以前から気になってはいたのですが、まさかここが貸しコテージだったとは!!

コテージとゆーか、

普通に新築一軒家です。

コテージやバンガローってもっと簡易的な作りだけど、ここはほんと、家!
内観につきましては次の章で詳しくレポートしてみます。

外観から見てみましょう。

スクリーンショット (117).png

勝山の海沿いです。
今年の夏に完成したばかりのピッカピカの新築。


ここのオーナーさんは物件から徒歩1分の所にある老舗温泉宿"おしなや"のオーナーさん。

imag000 e.gif

https://osinaya.jimdo.com/



ハナザワ:「それにしても何で2軒建てたんですか?管理も大変だと思うし、私だったらまず試しに一軒建ててみてうまくいったらもう一軒、とかやると思うんですけど。」

社長:「1軒建てるんだったら2軒建てちゃおうと思って!」

ハナザワ:「ご、豪快ですね!」


社長:「ほら、年齢もあれだし、1件ずつとかやってたらどんどん年取っちゃうからね~(笑)」

なるほど。ビビりの私には到底真似できなさそうですが、やはり経営者って決断力、行動力を兼ね備えていますね~。
アラサー真っただ中ハナザワ、私もそろそろ人生についてもっと真剣に考える必要がありそうです。

home

おうち拝見

それではお待ちかねのおうち拝見。(何かのテレビ番組みたいでワクワクw)

まずは白い物件から。

image.jpg

真っ白い壁に赤茶色のラインがアクセント。

表札は"花"さんだそうです。花ハウスは若い人に好評。

IMG_20181026_091043.jpg

おじゃましまーす。

新築の匂いがする!

開放的なキッチン。

ima44ge.jpg

テーブル付近には床暖房が入ってるので冬場のお泊りも快適です。

ピンクを基調とした明るい室内。日当たりも◎。

キッチンは最新のIH.

imagbbe.jpg

炊飯器やケトル、食器など基本的な調理器具一式揃ってます。

imsfdsgage.jpg

トイレがきれいだと嬉しい。
洗濯機もあります。

ベッドルームは一階のダイニングから繋がっており開放的な構造。

imag4e.jpg

お布団とカーテンはきれいな桜色で統一されておりました。

二階はゲストルームとバスルーム。

imadsfgfge.jpg

余計な家具など一切ないのでワンちゃんものびのびくつろげます。
エクストラベッドが1台ありますので、ゲストも泊まれます。

IMG_20181026_084722.jpg

バスルームからは川&海が見渡せます。

imasdfge.jpg

こーゆー水道、ホテルみたい!!

鋸南は夕陽がきれいなんだよー。
それから天気がいいと富士山も絶景!

IMG_20181026_084552.jpg

見よ!!

imawqewrge.jpg

あーもー、仕事戻りたくねーわー

おっと、

ついつい本音が。

imaafage.jpg

バルコニーはライトアップできますので、夜のレジャーも楽しめます。

花火もOK!

BBQ設備もあるので海を見ながらワンちゃんとお庭でわいわい、夢が広がりますね~。

imagsdsde.jpg

ワンちゃんのケージやリードを繋いでおけるフック、それから蚊取り線香や粘着ローラー、ワンちゃん用食器など一式揃っております。

荷物少なめで旅行できるのはありがたいですねー。

初めて知ったんだけど、ワンちゃんの爪痕がつきにくい特殊なフロアってのがあるようです。
花ハウスも海ハウスもこの特殊なフロアを使用。

imagrereree.jpg

それからコンセントの位置が少し高めに設定されてるのでわんちゃんが躓いたりいたずらすることがなかったり、階段に滑り止めがついてたり、オーナーさんの配慮が至る所で感じられます。

さてさて。

もう一個の物件も見てみましょう。

imasaaage.jpg

茶色い壁の外観で落ち着いたイメージ。
各物件、玄関に一台分の無料駐車場が完備されておりますが、物件の手前におしなやさんの駐車場もございます。

imasadaage.jpg

海ハウスは落ち着いた大人のイメージでベースカラーは"青"。

imaghe.jpg

こっちの方が5mくらい海寄り。

imaasfdge.jpg

海ハウスも花ハウスも玄関前にはワンちゃん用の足洗い場があります。
しかもこれ、温水ですって。
勿論人間が浴びてもいいそうですよ。

一階は白い物件とは打って変わって寝室です。
広々ウッドデッキ。
窓も大きいです。

imggdage.jpg

寝室ゴージャス!

imafgdgfsfgage.jpg

庭でビール飲んでBBQして酔っぱらってそのままベッドに倒れこめるじゃん!


って真っ先に妄想しちゃう私ってやはり生活クオリティーが低いのでしょうか。

iaaadamage.jpg

お風呂も1階。モダンで落ち着いたスタイル。

imasfdgstrsge.jpg

のんびり足をのばしながらリラックス。

因みに花ハウスは窓から海が見えるけど、海ハウスは川沿いです。まー見えなくもないけれど。

入浴剤やシャンプーも置いてあるんだけど、チョイスがおしゃれでした。

imasdaage.jpg

バスローブや入浴剤の準備もあります。

二階に上がるとまず目に飛び込んでくるのは開放的なキッチン。

isdfaadfdasmage.jpg

勿論こちらも食器や家電、一通り全て揃っております。

imsdafasfsaage.jpg

魚も焼けるよ。

imsadfadsfage.jpg

キッチンの向かいにはダイニングテーブル、そして左側にはわんちゃんや猫ちゃんと過ごせるリビングルーム。

aaadsdimage.jpg

別角度から。

iasdafddddsmage.jpg

2階がリビングってスタイル、東京とかでよく見かける構造だね。

imadfgadage.jpg

ワンちゃんグッズも白い物件同様充実です。

夜のライトアップ。

imaadafsge.jpg

周辺には民家もなく静かに過ごせます。
波の音も聞こえるし、海沿いで星もきれい!

home

新築コテージで何するどう使う?

ワンちゃんと飼い主さんが快適に旅行を楽しめるようにという思いから(?)建てられた一軒家ですが、ペット連れでなくても宿泊可能

小さなお子様連れの方も一軒家なら騒ぎ声も気になりませんよね。


おうちは特別バリアフリーというわけではないですが、障害があるお客様も戸建てなら我が家のように過ごせるのではないでしょうか。

そして2軒隣接されてますので友達家族同士、もしくは親家族と一緒に旅行⇒寝床等プライベートは別、なんて使い方もアリです。

因みに過去のお客様の中には猫ちゃんやウサギを連れてきた方もいるようです。
宿泊できるペットにつきましては直接お問い合わせください。

大型犬がNGな理由についてオーナーさんに聞いてみたところ、

向かいが川なので、柵を飛び越えて犬が溺れるといけないから。

だそうです。(笑)
社長のやさしさがしみる~。(まあ他にもいろいろ理由はあると思いますがね。)

※小型~中型犬くらいのサイズであれば柵は乗り越えられないので問題ないとのこと。

お庭でBBQ、それから花火もOKなんだとか。
お庭は広々してるのでドッグランも可。

目の前の海では釣りを楽しむ人も多いですし、目の前の川ではなんとウナギがつれるんだとか!?

物件には魚焼きグリルもついているから釣った魚を自分でさばいて焼いて食べたらおいしそう!

home

料金表

シーズン・プランによって異なります。

基本は平日おひとり15000円。

ペット一匹まで無料。
2匹目からは1匹につき3000円の追加。

スクリーンショット (116).png

そしてウェルカムドリンクやワンちゃんも食べることができる小麦粉を使用しないおやつ(アレルギーフリー)のご用意もあるようです。

こういう配慮ってうれしい♡

予約状況によりますが、空きがあれば連泊も可能!
長く泊まる程、割引もあるそうなので詳しくはおしなやさんにご相談ください。

(詳細がかかれたウェブサイトはこのページの一番下にあります)

home

アクセス&周辺環境


安房勝山駅から徒歩7分
海まで徒歩2分

記駐車場は1台でしたらそれぞれ家の前に止められますが、2台以上の場合はおしなやの駐車場が使えますのでご安心を!もちろん、駐車料金は無料。

お食事ですが、物件にIHのキッチンがついてますし、お庭にはBBQセットもありますのでそちらでご自身で調理していただいてもOKですし、おしなやさんで朝食だけ・夕食だけといったプランもご用意できるそうなのでご相談を。

スクリーンショット (115).png


周辺環境に関しては一面海!
海岸沿いを保田方面に歩いていきますと、源頼朝が上陸したという海岸や、SUP体験ができるUMI TO YAMAさん等があります。

logo_uty.png

sub01.jpg

館山方面に下ると徒歩10分くらいでダイビングが体験できる"かっちゃまダイビングサービス"もあります。

P5100017-thumb-580x386-455.jpg


初心者OK、レンタルも行ってますので手ぶらで体験してみてはいかがでしょう??

home

まとめ

いかがでしたか?

ワンちゃんを飼ってない私も思わず泊まってみたくなる素敵な新築物件。
もう1泊2泊といわずずーっと泊まっていたくなっちゃうような居心地のよさ。
まだまだできたばかりで隠れ穴場物件的な宿なので気になる方は話題になる前にチェックしてみてください。

【詳細情報】

ワン・わんコテージ
千葉県安房郡鋸南町勝山402-6 (おしなや本館より徒歩1分)

ウェブサイト
https://osinaya.jimdo.com/

home

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

きょなん町地域おこし協力隊ハナザワ

千葉県南房総地域

2017年10月、東京都より家族3人(夫、私、息子2才)で鋸南町に移住。 旦那はカナダ人の国際結婚。 職業はヨガインストラクター。 カレーが大好き過ぎて「地球の歩き方」片手にインドへ。そのままの流れで現地の旅行代理店に就職。20代の半ば4年間をインドで過ごす。 帰国後、日本で今の旦那と出会いカナダへ移住。寒くて1年でギブアップ。6㎏の脂肪を蓄え帰国。 帰国後は東京に4年、出産を機に忙しすぎる生活に疑問を感じ、移住を決意。 鋸南町の地域おこし協力隊の募集を見つけ応募したところ見事当選。現在に至る。 家族の会話は日本語と英語によるまぜこぜコミュニケーション。 いなか暮らし経験ゼロ、日本語喋れない主人とイヤイヤ期真っ只中の息子と鋸南町で過ごす日常を紹介していきます。

この投稿者の移住ブログ

千葉県南房総地域(館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町)の移住ブログ